「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

世界最大のサメの迫力!セブ島オスロブのジンベエザメツアー

世界最大のサメの迫力!セブ島オスロブのジンベエザメツアー
Advertisement

成田から約5時間のフライトで到着するフィリピン「セブ島」
新鮮なシーフード、眼前に広がる美しい海、そして雄大な自然など沢山の見所にあふれた島で、友人たちとのバカンス、学校の卒業旅行…様々な目的で素晴らしい思い出作りが出来るオススメのリゾート地です。
国内でツアー申込をすると様々なオプショナルツアーに目移りされると思いますが、ここではその中でもオススメの「ジンベエザメとのシュノーケリング」についてご紹介

セブ島の南端、オスロブで出会う世界最大のサメの迫力と魅力、実際の体験談を交えてお伝えしていきます!
「オスロブ」でのジンベエザメとの遭遇確率は99%!天候不順で海に入れない場合を除けばもう間違いなく間近にジンベエザメを感じることが出来ます。

今回は私が実際に体験した「ジンベエザメツアー」について解説していきます。
申し込みされる媒体によって様々細かい違いがあることをご了承ください。
またセブ島オススメのオプショナルツアー「ボホール島巡り」についてはこちら。こちらも密度の濃い楽しいツアーですよ。

目的地はセブ最南端オスロブ!

オスロブはセブ島の最南端に位置する小さな港町で、ホテルの位置や混雑状況によっても変わりますが、セブ島中心地から大体4時間程度で到着します。
ツアーであればホテルまで「お迎え」が来ると思いますので、その流れに乗っていけばok。
ただし移動時間が長いのでトイレなどは先に済まし、もし移動中に催した場合はガイドさんにその旨を恥ずかしがらず伝えましょう。
またツアーを利用しない場合はセブ市の「サウスバスターミナル」からバスで向かうことも出来ます。
ツアー利用より費用を大分抑えられるので旅慣れしている方にはこちらがオススメです。

オスロブ到着!え!?すぐそこにジンベエ!??

オスロブに到着したらすぐにお着替えからの海です。
着替えには敷設されているトイレを利用します。
そう綺麗ではありませんが、ちゃちゃっと水着に着替えてしまいましょう。
なお日焼け止めなどを体に塗っている場合はそのまま海に入れませんので、トイレ横のシャワーで洗い流す必要があります。
日焼け止めの成分が環境を害する可能性があるので、必ず落としてください。

また海に入る前にカメラ(500フィリピンペソ/約1000円)やフィン(100フィリピンペソ/約200円)を借りることが出来ます。
カメラはGoProで、持ち込みも出来るので自前で用意できる場合はそれを渡して撮影をお願いしましょう。
ちなみに私が行った際はカメラレンタルをお願いしたのですが、「(ケーブルの関係で)撮影データの移動はiphoneじゃないとできないよ」と言われたので、iphoneを持っていると間違いないのかなと思います。
フィンは当初借りる予定だったのですが、「そんなのいらないよ、ハハ」と言われたので借りるのはやめました。実際必要性は特に感じなかったですね。

さて、着替え終わってセーフジャケットとシュノーケル、マスクを身に付けたら、いよいよ海に繰り出します。
ここからは小舟での移動になりますが移動時間はわずか数分。
写真の奥に見えるのが舟の密集地で目的地。
こんな近くでジンベエザメに会えるの!?と驚くほど衝撃的な近さですw

潜ればそこに青の巨体


小舟の密集地まで辿り着けば後は海に飛び込むだけ!
海に慣れていない方は塩水や意外と強い波に驚かれると思いますが、「舟から離れないこと」、「人から離れないこと」を厳守して、互いに互いをフォローするように努めましょう。
危険度は高くはありませんが、それでも自然は自然。なめてかかると痛い目を見ますからね。

潜水エリアにはジンベエザメへのエサやりのボートが走っており、それをめがけて次々にジンベエザメが集まってきます。
なので海の中で少し待っていればジンベエザメが目の前を左から右、右から左へ悠然と泳いでいく様に遭遇することが出来ます!遭遇率99%は伊達じゃない!
ただし「ジンベエザメに触れない」「フラッシュ撮影はしない」など注意点は厳守しましょう。

カメラを用意してあれば、スタッフがジンベエザメとの記念撮影をしてくれます。
丁度ジンベエザメが近づいてきたタイミングを見計らって合図を送り、それを受けて深く潜るとあら不思議、ジンベエザメとのツーショット写真の出来上がりです。
何度も挑戦して色んなポーズで撮影を楽しみましょう!ここオスロブならではの素敵な写真が出来上がりますよ!

シュノーケリング時間は約30分。あっという間ですが意外と体力を持ってかれるので時間的には程良い感じです。
スタッフの指示を受けて小舟に戻り、陸への帰途につきます。

最後に

世界最大サイズの圧倒的な迫力を放つ「ジンベエザメ」
ダイバーならずとも一度はその目で見てみたいと思う方は非常に多いのではないでしょうか。
世界中に様々なスポットが存在し、モルディブやタイなども有名ですが、ここセブ島「オスロブ」での遭遇率はほぼ100%!!
またツアー、個人問わず現地に赴く難度も低く、手軽にジンベエザメウォッチングを楽しめます
もしセブ島旅行を計画されているのであれば、これを外す手はありません!

最後に現地の雰囲気を感じられるツアー動画を置いておきます。↓↓

旅行関連カテゴリの最新記事