「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

UN-02 バンブルビー サイバトロンモード(トランスフォーマー ユナイテッド):レビュー

UN-02 バンブルビー サイバトロンモード(トランスフォーマー ユナイテッド):レビュー
Advertisement

UN-02 バンブルビー サイバトロンモード

シリーズ:『トランスフォーマー ユナイテッド』
発売日:2010/12/28
メーカー希望小売価格(税抜き):2300円

今回は「ユナイテッド」で発売されたサイバトロニアン姿のバンブルビーをレビュー。
惑星サイバトロンでの姿で造形されるのは中々に珍しく、デザインはPS3ゲーム「War for Cybertron」に登場したものをイメージしています。
劇中ではミニボットらしいサイズ感でしたが、玩具ではオプティマスらと同じデラックスクラスでの発売になりました。
しかしそのおかげか再現度は抜群!
また国内版にはメタリック塗装が施されているため、ゲーム劇中のようなCGの金属感、高級感があります。

◆関連記事
「UN-03 クリフジャンパー サイバトロンモード」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー ユナイテッド」商品レビューへ

 

ビークルモード
惑星サイバトロンカーに変形。
曲線で構成されたボディが未来的でカッコイイ!

そして目を見張るのはメタリックの塗装。
全面本当に綺麗で、光り輝く様は見ているだけで楽しいです。
 

付属武器は車体裏面に接続することが可能なので余剰なし!
 

頭部リデコのクリフジャンパー、そしてオプティマスと。
どれもメタリック塗装が豪華で並べると壮観!
デザインの格好良さとの親和性も非常に高いです。
 

Advertisement

 

ロボットモード
ゲームのキャラは実写張りの無茶な変形をこなしますが、それでもデザインの再現度は流石!
丸々としたビークルから人型、それもずんぐりむっくりなボディラインへ見事な変形を見せます。
少し背面にガワが残ってしまっていますが、曲面でボディラインに沿っているというのもあってか、このくらいは個人的には許容範囲。

ビークルからロボットへの変形はそれほど難しくありませんが、逆向きの変形はジョイントの接続がタイトでストレスを感じるかもしれません。
 

顔周りのアップ。
顔はG1バンブルの顔をよりメカニカルでCG的にブラッシュアップしたようなデザイン。
バンブルビーらしい可愛らしさがあります。
 

長い腕と脚が自由に動き、腰も動くため可動範囲は非常に広いです。
特に、変形の都合でもありますが、股と膝の間に可動軸があるのも全体の可動の広さに効いています。
また安定感もあるので多少無理なポージングをしても上手くやれば立たせることが出来ます。
 

付属のガン
ゲームではもっと大きな銃火器を扱っていたのでこのサイズは物足りない!
ただミニボットのバンブルビーとしてはふさわしいサイズ感かもしれませんが。
 

今作のバンブルビーは実写オプよろしく両腕からブレードが展開します!
ゲームでは近接攻撃がこのブレードによる攻撃でした。
ただ長さが短いのでちょっと玩具っぽい?かもしれません。
 

頭部リデコのクリフジャンパーと。
クリフの方が頭が小さいので、結構印象が異なります。
バンブルビーの方がよりマスコットらしい!
 

 
『トランスフォーマー ユナイテッド』シリーズより、UN-02 バンブルビー サイバトロンモードでした。
PS3ゲーム「War for Cybertron/Fall of Cybertron」のキャラクターデザインが個人的にはツボで、このバンブルビーもとてもお気に入りな一品です。
またメタリックカラーのおかげで海外版とは一線を画す格好良さでまとまっています。
ただし変形の接続用のピンもメタリック塗装されていたりするので、変形を繰り返すと塗装禿げは免れません。
なのでその点は覚悟が必要です。

◆関連記事
「UN-03 クリフジャンパー サイバトロンモード」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー ユナイテッド」商品レビューへ

ユナイテッドカテゴリの最新記事