TLK-13 オートボット スクィークス(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-13 オートボット スクィークス(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー
Advertisement

TLK-13 オートボット スクィークス

シリーズ:「トランスフォーマー 最後の騎士王」
発売日:2017/07/15
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「最後の騎士王」から、スクィークスをレビュー。
とにかく見た目の可愛い、『最後の騎士王』登場のR2D2的マスコットキャラ。
本体は小さいですが、差し替えパーツやコンテナが付属するのでかなり高いプレイバリューで楽しめます。
元々買う予定は無かったのですが、映画鑑賞後に我慢できずにポチってしまいましたw

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

 

パッケージ
「最後の騎士王」デラックスクラス共通の箱型パッケージ。
表のCG絵は、劇中のデザインとは少し異なっており、玩具に寄せたものになっています。
 

 

ビークルモード
スクーターに変形!
サイズはレジェンズクラス程度なので小型と可愛らしいサイズですが、汚し塗装が劇中の殺伐とした世界観を上手く表現しています。
また、脚は二輪ですがスタンドを立てることが出来るので、このままでも自立します。
 

ハンドルと前輪は左右に可動します。
 

付属のコンテナパーツ。
底面には四輪のコロがあるので問題なく走行できます。
 

コンテナは展開すると格納庫モードに!
可動するアームや、差し替えパーツを収納した工具箱が現れます。
 

ビークルを載せると修理ドックの様な塩梅に。
 

コンテナはビークルモードの後部とボールジョイントで接続可能。
こうするとそこそこの長さになりますね。
 

またコンテナを一部変形させることで、ビークルウェポンモードに!
 

付属の武器パーツはコンテナを接続した状態、ビークルウェポンモードのどちらでも接続可能なので余剰にはなりません。
 

Advertisement

 

ロボットモード
R2D2感を放った、SFモノのある種正統派なマスコットデザインです。
劇中デザインとは左脚など少し異なる点もありますが、玩具としてはこのくらいのデザインの方がまとまりがあって遊びやすいと思います。
ビークルでも目立った汚し塗装がロボットモードでも効いていますね。

変形は小型ながら大胆なパーツ移動で意外と面白みがあります。
ただ手にあたるパーツは別パーツになっているので、ここは好みが分かれるところかもしれません。
 

顔周りのアップ。
眼球が奥まったところに造形されているため、角度を変えて顔を見ると目が追ってくるような工夫がなされています。
顔は左右方向にはそれほど動きませんが、上方向への動きがあるのでこれを利用すると結構柔軟に動きます。
 

とにかくどんなポーズでも可愛らしい仕上がりに。
ロボットモードでもコロ走行が活きているのでコロコロ転がして遊ぶのが楽しい。
 

差し替えパーツの一つ、腕パーツ。
軟質パーツで造形されており、通常時はコンテナの工具箱の中に収めておけます。
マスコット的なデザインからは違和感のある造形のパーツですが、何故このパーツが付属しているのかについては是非映画を見てお確かめいただきたい!
 

差し替えパーツの一つ、武器パーツ。
これまたかなり大げさな物々しいデザインですが、こちらも何故付属しているのかは映画を見ると良く分かります。
このパーツは腕に直接接続することも出来ますが、前段の腕パーツに持たせることも出来ます。
 

コンテナパーツと合体することでバックパックモードに!
腕を武器パーツに差し替えると結構重武装感が出ますね!
 

格納庫モードで一緒に!
格納庫に載せるにはロボットだと少し大きいかもしれません。
 

サイズ的には全然違いますが、劇中で絡むシーンがあるメガトロン様と。
 

 
「トランスフォーマー 最後の騎士王」シリーズより、TLK-13 オートボット スクィークスでした。
変形が完全変形ではなく別パーツが必須ということで当初は見送っていたのですが、映画を鑑賞するとむしろ別パーツの方が良いなぁと180°感想が変わったため購入するに至りましたw
実際に触ってみると、小粒ながら変形もこだわりがありますし、コンテナパーツを含めてプレイバリューが高く色々な遊びを楽しめるなど大満足でした。
ただし通常時の手パーツなどは紛失に気を遣う必要がありますね。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

最後の騎士王カテゴリの最新記事