TLK-22 ニューバンブルビー(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-22 ニューバンブルビー(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー
Advertisement

TLK-22 ニューバンブルビー

シリーズ:『トランスフォーマー 最後の騎士王』
発売日:2017/09/16
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「最後の騎士王」から、ニューバンブルビーをレビュー。
『ロストエイジ』でロボットモードのデザインが少し変更されたバンブルビーですが、不評だったのか『最後の騎士王』では旧トリロジーに近いデザインに戻りました。
「最後の騎士王」のバンブルビーの玩具は、「ムービーアドバンスド」のリカラーが「TLK-01」として存在していますが、本商品はその後新規に造形されたものになっています。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

 

パッケージ
「最後の騎士王」デラックスクラス共通の箱型パッケージ。
 

 

ビークルモード
もはやお約束ですが、シボレー・カマロに変形!
デザインは『最後の騎士王』に登場したものを忠実に再現しています。
なんとなく作品を重ねる毎に尖ったデザインになっていってる気がしますねー。

ドア周辺が発色の強い黄色なのに対し、車体全体は少し深みのある黄色になっており違和感があるのが残念。
 

「最後の騎士王」オートボッツとビークルで。
どの車種もデザイン、カラーでしっかり差別化出来ていますし、どれもカッコイイ!
 

「TLK-02 バリケード」とビークルで。
実写一作目からしぶとく生き残ってきたバリケード。
空を飛べないことが功を奏して、(おそらく)『最後の騎士王』でも生き残った強運の持ち主です。
 

「AA-02 バトルブレードバンブルビー」とビークルで。
一応同じデラックスクラスですが、今回のバンブルビーは一回り以上小さいですねー。
 

あまり比較になりませんが、変形工程を踏襲しているという繋がりで「MPM-03 バンブルビー」と。
 

裏側を見るとパーツの配置から変形工程が似ていることが推し量れます。
 

付属のブラスターは側面に接続可能です。
これまでバンブルビーの武器というと天面か底面に接続することが多かったのでこれはちょっと新鮮です。
 

一点、変形の注意点ですが、
ビークルに変形させたときに後部の合いが悪い場合は、写真の赤丸部分のジョイントが接続されているか確認すると解決するかもしれません。
 

Advertisement

 

ロボットモード
胸の造形が劇中とは異なりますが、実写バンブルビーの持つ記号が再現度高くデザインされています。
背面の四枚羽は「MPM-03 バンブルビー」と同様の構造で再現されています。

変形も「MPM-03」を踏襲しているため中々洗練されたものに。
また脚周りの変形は本商品独自の変形の仕方になっているので面白みがあります。
ただ逆に凝り過ぎたきらいがあり、足首が外側にしか動かない構造になっていたり足のジョイントが緩くてすぐ外れるなど問題も正直多いです。
 

顔周りのアップ。
ちょっと残念なのがこの顔。
「MPM-03」の顔の造形が素晴らしかったので余計ギャップを感じてしまいます。
塗装を増やすなりして眼を大きくするとか、顔のフォルムをもう少しシュッとさせると本来のイメージに近づくかもしれません。
 

腕脚共に十分な可動域を有しており、また腰も動くので思い思いのポージングが可能です。
バンブルビーも映画一作目から玩具が出てますから、色々と最適化されてきている印象ですね。
 

付属のブラスターは、腕のパーツと差し替えで接続することが出来ます。
トランスフォーマーでこういう差し替え変形というのは珍しですね。
腕自体が変形するバトルブレードバンブルビーや、ブラスターパーツを被せる「MPM-03」ともまた違った方法が採用されています。
 

ただこのブラスター、少々問題もあります。
まず“左腕用”という点。
劇中では基本右腕がブラスターに変形していますし、これまでの玩具も右腕をブラスターにしてきたのに何故ここにきて左腕!?
一応右腕に接続することも可能ですが、そうすると肘が曲がらなくなります。
またブラスター側面のカラーリングとボディのカラーリングが合っていないので一体感がなくなってしまっています。
何故こんな初歩的なところが噛み合わないのかは疑問ですねー。
 

ドリフト、クロスヘアーズとロボットモードで。
仲が良いんだか悪いんだか分かりませんが、『最後の騎士王』でも三体が絡むシーンがありましたね。
バンブルビーは怒られてましたがw
 

オプティマスが去った地球でケイドを守るチームバンブルビー!
 

 

ビー「!!?…プ…プライム…!?」
ネメシス「……」
ビー「戦うしか…!!…ないのか!?」
 

ビー「ぐわっ…!!」
ネメシス「…まずは武器になる右腕を…」
ネメシス「斬る!!!」
ビー「がああああああ!!!!」
 

ネメシス「次は脳天を…」
ビー「まだ…左腕が….」
ビー「ある!!!」ギゴガゴ
 

“I sting…”
“like a BEE !!!!”

 

 
『トランスフォーマー 最後の騎士王』シリーズより、TLK-22 ニューバンブルビーでした。
実写トランスフォーマーの歴史も長いもので10年を超えるほどに。
バンブルビーは一作目から皆勤のキャラクターですから、その玩具もかなりの数発売されてきました。
2017年7月にはまさに決定版といえる「MPM-03 バンブルビー」が発売されましたが、本商品はそのマスターピース版の変形を基に、通常ラインの玩具らしく簡略化したものになっています。
なので変形はかなり洗練されており、触っていて安定感を感じました。

ただ「ムービーザベスト」で2018年3月に完全上位互換の「MB-18 ウォーハンマーバンブルビー」が発売されたため、これからこの型を手に入れたいという方にはそちらをオススメします。
そちらにはバンブルビーが振り回していたハンマーが新規で付属する他、何故か左腕用のブラスターも右腕用に変更されています。
また「スタジオシリーズ」からは、このニューバンブルビーの型を縮小してリデコした「旧カマロ版」バンブルビーも発売されています。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

最後の騎士王カテゴリの最新記事