TLK-EX ダークオプティマスプライム(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-EX ダークオプティマスプライム(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー
Advertisement

TLK-EX ダークオプティマスプライム

シリーズ:「トランスフォーマー 最後の騎士王」
発売日:2017/07/25
メーカー希望小売価格(税抜き):5000円

今回は「最後の騎士王」から、ダークオプティマスプライムをレビュー。
トイザらス限定で発売された「最後の騎士王」版ボイジャークラス・オプティマスのリカラーで、セブンネットでの限定発売品です。
作中でクインテッサ星人から洗脳を受けた後のオプティマスの姿をイメージしたものになっています。
新規金型が少ない「最後の騎士王」シリーズの中で新たに設計された貴重な型の一つであり、またオプティマスの商品化ということもあってか非常に気合いが感じられる出来です。
同シリーズのオプティマスの商品といえばキャリバーオプティマスも存在しますが、あちらは前作の型の流用なので、本シリーズのオプティマスといえばこの型ということになるでしょう。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

 

パッケージ
トイザらス限定オプティマスのボックスと同じものです。
ただしカラーは白黒になっています。
背面を見ると変形が30stepsの記載が!
複雑な工程でしっかり劇中のオプティマスに変形させようという意気込みを感じます。
 

 

ビークルモード
カスタム仕様のウェスタンスタートラックに変形!
トイザらス版よりも全体的に暗めの塗装になっています。
またホイール部分の追加塗装や、排気管などが銀色の塗装に変わっているのが嬉しいですね。
 

テメノスソードは底面に接続可能。
 

センチネルシールドは背面に接続可能。
 

「TLK-15 キャリバーオプティマスプライム」とビークルで比較。
比較的今回の方が落ち着いた色合いでまとめられています。
キャリバーのメッキ塗装の高級感は流石ですが、こちらも負けていません。
 

「トイザらス限定 メガトロン」と。
サイズ感が揃っているので良い感じ!
 

Advertisement

 

ロボットモード
多少の背負い物はありますが、劇中のプロポーションやデザインを非常に良く再現できていると思います。
ロストエイジでこの姿が公開されたときは、これを玩具に落とし込むのは無理ではないか?と考えていたんですが、まさかここまでの商品が発売されるとは夢にも思いませんでした。
開発部の底知れぬ意地を感じます!

変形は30stepsということもあって中々手応えがあります。
特に脚周りの変形は良く考えられており、指示通り動かしているといつの間にか完成しているという感じ。

塗装についてですが、トイザらス限定版と比べるとロボットモードでよりその細かさが目立ちますね。
特に胸パーツのファイアパターンがしっかりデザインされているのは嬉しいところ!
 

顔周りのアップ。
妖しく紫に光る眼球が印象的!
洗脳状態のときは顔の左側が赤く汚れているので、これを塗装で再現してみても良かったかもしれません。
 

肩のブロックが外れるので腕の可動域以上に幅広い動きを見せてくれます。
ただし脚には変形軸が詰め込まれているため、足首の可動はありません。
それでも接地等の問題はなく、安定感が高い印象です。
スタイルのバランスが素晴らしいので、劇中のイメージが沸き立つポージングが可能です!
 

付属武器のテメノスソード。
刀身部分が瞳と同じく紫色に変更されています。
『ロストエイジ』のキーアイテムですが、『最後の騎士王』においてもオプティマスのメイン武器になっています。
 

テメノスソードは背面に収納することが出来ます。
 

もう一つの付属品、センチネルシールド。
トイザらス版は灰色と水色の二色でしたが、こちらは濃い青一色になってしまって残念。
ただ剣と盾が揃うとアクションが映えますね!
ガシガシ動かす楽しさに満ちています!
 

「TLK-15 キャリバーオプティマスプライム」と。
デザインの劇中再現という意味では、今回のオプティマスが上を行っています。
しかしキャリバーの方も玩具として非常に魅力のあるものなのでオススメですよ!
 

キャリバーの武器やキャンペーンアイテムのゴールドベクターシールドなどを持たせてもカッコイイです。
リーダークラス用の武器なのでかなり大型ですが、その分洗脳状態のオプティマスの残虐性みたいなものが際立ちます。
 

「トイザらス限定メガトロン」と。
ボイジャークラス同士ということでスケール感が合っており絡ませると良い感じ!
『最後の騎士王』では両者とも騎士風のモチーフを共有しているので、より統一感があります。
 

やっぱりトランスフォーマーといえばこの二人は欠かせない!
 

“それは本当にヒーローなのか?”
 

 
「トランスフォーマー 最後の騎士王」シリーズより、TLK-EX ダークオプティマスプライムでした。
「ムービーアドバンスド」版オプティマスでネックだったデザインの再現度の低さがしっかりと改善されています。
背負い物もあるにはありますが、変形で最小に収めているので気になるほどではありません。
ただこれほどの型がトイザらス限定、オムニ7限定となってしまっているのは残念ですね。
なんとか多くの方の手元に渡るように窓口は多く広く用意して頂きたかった…!!
それほど素晴らしい出来だと思います。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

最後の騎士王カテゴリの最新記事