TLK-21 クロスヘアーズ(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-21 クロスヘアーズ(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー
Advertisement

TLK-21 クロスヘアーズ

シリーズ:『トランスフォーマー 最後の騎士王』
発売日:2017/09/16
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「最後の騎士王」からクロスヘアーズをレビュー。
クロスヘアーズは実写四作目「ロストエイジ」から登場の二丁拳銃が似合うオートボットの戦士。
ロングコートがなびく造形が独創的で、劇中でもその濃いキャラクターが印象的でした。
五作目「最後の騎士王」でもしっかり登場しており、ドリフトと一緒にディセプティコンを迎え撃ちました。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

 

パッケージ
「最後の騎士王」デラックスクラス共通の箱型パッケージ。
表には銃を構えるクロスヘアーズのCG絵が描かれています。
 

 

ビークルモード
シボレー・C7コルベット・スティングレイに変形!
前作「ムービーアドバンスド」版よりも本物のカーにより近い造形に改められており、再現度抜群!
 

スティングレイ特有のフロントの曲線が美しい。
タイヤとホイールを色分けしないビークルも多いですが、クロスヘアーズはちゃんと色分けがなされています。
 

付属の二丁拳銃は底面に接続可能なのでビークルモードで余剰にはなりません。
 

ロストエイジで結成されたオートボットのカーチームと。
基本的には仲が悪いんだけど、やるときはしっかりと連携するという程よい距離感が素晴らしい。
 

「TLK-24 ダイノボット スコーン」と。
ロストエイジでは“Spike”とあだ名をつけるほど気に入っていたようでした。
 

Advertisement

 

ロボットモード
前作から続投のオートボット戦士の玩具としては、ロボットモードのデザインに最も変化がありません。
その代わり「ムービーアドバンスド」とは異なりコートが軟質ではなくなっています。
経年劣化という観点ではこちらの方が長く遊べそうではありますね。

また背面のガワの処理も変更が加えられており、前作ではそのままコートに見立てていましたが、今回は畳める仕様に変更されています。
 

顔周りのアップ。
国内版十八番の重塗装が今回は無いために、頭部がかなり簡素な色分けなのは残念。
「ムービーアドバンスド」ではゴーグルとヘルメットの境がしっかり分かるように塗装されていました。
顔の造形は左右対称ではなく、特に目の大きさが異なっています。
 

本体自体の可動は標準的ですが、コートをなびかせることが出来るので本来以上に躍動的に動く印象です。
 

付属の二丁拳銃はコートの内側に接続して収納することが出来ます。
ただ個体差かもしれませんがコートの右側への接続が非常に緩いのでちょっと動かすとポロポロ落ちてしまいます。
 

フィギュアスタンドを活用することで空挺兵らしいポージングが可能です。
「ムービーアドバンスド」では大型の銃が一丁しか付属していませんでしたが、今回はしっかり二丁付属しているので劇中のイメージそのままにアクションが決まります。
 

ドリフトとロボットモードで。
どちらも個性の強いキャラですが、なんだかんだ一緒に行動していますね。
 

さすがに劇中と同じサイズ比ではありませんが、ボイジャーのスコーンと並べるとイイ感じ。
 

 
「トランスフォーマー 最後の騎士王」シリーズより、TLK-21 クロスヘアーズでした。
大きくリデコされたドリフトや新規造形のバンブルビー、ハウンドとは異なり、あまり前作の玩具と変化はありませんが、個人的にはビークルの再現度が上がっていたり、二丁拳銃も大型サイズで付属していたりと嬉しい変更点が満載です。
カラーリングは海外版準拠なのでこれまでの国内シリーズと比べると簡素ですが、これは今回のシリーズで共通の使用なので仕方が無いですね。

フィギュアスタンドを使用することで、コートを広げての活気溢れるポージングが可能なのが本商品の何よりの魅力です。
どういったポージングで飾ろうか手に取ってついつい悩んでしまいます。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

最後の騎士王カテゴリの最新記事