「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、2019年中完了予定】

TLK-29 コグマン(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-29 コグマン(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー
Advertisement

TLK-29 コグマン

シリーズ:『トランスフォーマー 最後の騎士王』
発売日:2017/12/28
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「最後の騎士王」からコグマンをレビュー。
コグマンは劇中でアンソニー・ホプキンス演じるイギリス貴族エドモンド伯爵に仕えるヘッドマスター。
急に演奏(本格派)や独唱(本格派)を始めたり、突然ブチ切れてケイドをボコボコにしたりと奇行が目立ちましたが、その反面、紳士的な一面も持ち合わせている魅力あふれるキャラでした。
劇中では終始人間大の姿で活躍しましたが、玩具ではヘッドマスター機構を有しており、トランステクターにヘッドオンすることで他のトランスフォーマー相当の大きさへと変形します。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

 

パッケージ
最後の騎士王デラックスクラス共通のパッケージ。
本来は2017年の10月発売予定でしたが、理由の分からない延期で12月の発売となりました。
本当に何が原因だったんだろう…?
 

 

ビークルモード
アストンマーティン・DB11に変形!
低く長いフロントがスタイリッシュで、ボンネット、フロント、リアなど実車の再現度もかなり高いです。
流線型の側面の面一感が、触っていて非常に心地いい。
 

ヘッドマスター
「レジェンズ」の後期ライン、海外の「Titans return」の国内導入で用いられたヘッドマスターの型が流用されています。
劇中では「ヘッドマスター」であることに言及はありましたが、終始この状態で、ヘッポン!は見ることが出来ませんでした。
しかしこの状態でも片手でクロスヘアーズを投げ飛ばすほどの怪力を誇ります。
 

車内部はハンドルなど細かい造形が施されています。
「レジェンズ」ではビークルに乗り込ませられても座席は中央に一つの場合が多いですが、コグマンは運転席と助手席が用意されています。
助手席も運転席と同様の構造なので、レジェンズのヘッドマスターを乗り込ませることが出来ます。
実写玩具故の細かい配慮ですね。
 

付属武器の剣は車体底部に接続可能。
この状態でもコロ走行はもちろん出来ます。
 

オートボット!ロールアウト!!
「最後の騎士王」のオートボットはビークルの再現にも気合が入っています。
 

Advertisement

 

ロボットモード
変形の基本的な思想は同シリーズのクロスヘアーズなどの車に変形するデラックスクラスと同様。
車体底面に向けてボディの基本形が存在し、フロントとリアの変形で手足を形成、ボンネットを畳んで背面に配置します。

デザインの劇中再現度は非常に高く、ボディの汚し塗装も良い雰囲気を演出しています。
ただ個体差かもしれませんが、足回りの塗装がかなり雑。。
 

顔周りのアップ。
劇中まんまのコグマンヘッド。
塗装も細かく満足度が高いポイントですね。
また通常目に入らない胸のパーツ下のギアのディテールも凝っています。
 

もう少しカカトが出ていれば安定感がぐっと高まると思うのですが、現状少し後ろに倒れやすい傾向があります。
またシンプルな構造なのだから腰の回転も欲しかったですね。
しかしそれ以外のポージングに役立つ可動はこなしますし、関節が緩いということもないです。
 

付属武器の剣のモチーフはおそらく劇中でケイドのタリスマンが変形した剣だと思います。
変形の都合で手首が下方向に動くのが、剣を持ったときの自然なポージングの演出に効いていて楽しい♪
 

ヘッドマスター機構は「レジェンズ」のそれと共通しているので、そちらの商品と絡めた遊び方も楽しめます。
ただデザインの方向性が丸っきり違うのでしっくりくる組み合わせは中々難しいですが。。
とりあえずゴーストスタスクをヘッポン。
そういえば「最後の騎士王」では久しぶりにスタースクリーム(頭部のみ)が登場しました。

「最後の騎士王」シリーズではディセプティコンニトロがヘッドマスター機構(頭部が小型ロボになるのではなく、頭部が取れるだけですが)を有しています。
このギミックから、劇中でニトロのボディを乗っ取って暴れるコグマンが見られるのかと思いましたが、そんなことはありませんでしたねぇ。
ニトロにヘッポンするのも意外としっくりくる感じで、「戦闘用ボディ」といった趣が感じられます。
「執事用」と「戦闘用」の二種類のトランステクターを使い分けるヘッドマスターとかでも面白かったかも。
 

 
『トランスフォーマー 最後の騎士王』シリーズより、TLK-29 コグマンでした。
劇中で「人格破綻者」を自称するほどに狂気性が光るキャラクターで、「最後の騎士王」の中でもファンの多いキャラなのではないでしょうか。
その人気キャラが映画公開の時期から大分はずれ、話題性も薄れてしまった時期での発売となってしまったことは非常に残念でした。延期もしたし。。
ただ同シリーズのデラックスクラスの中でも完成度は高く、ロボットモードへの変形は簡単ながら脚周りの変形に新鮮味がありますし、ヘッドマスター機構によるプレイバリューの高さもあります。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

最後の騎士王カテゴリの最新記事