TLK-10 オートボット ドリフト(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー

TLK-10 オートボット ドリフト(トランスフォーマー 最後の騎士王):レビュー
Advertisement

TLK-10 オートボット ドリフト

シリーズ:『トランスフォーマー 最後の騎士王』
発売日:2017/07/15
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「最後の騎士王」からドリフトをレビュー。
ドリフトは劇場四作目「ロストエイジ」から登場したオートボットの侍戦士!
デザインを初めて見た時は、これまでの実写キャラとかけ離れたエキセントリックなデザインに面食らったのを覚えています。
しかし映画を見た後ではそんな違和感もどこへやら、キャラがしっかりと立っていたこともあってか、お気に入りの戦士となりました。
五作目ではビークルが一新されただけでなく、ボディのペイントも青から赤を基調としたものへと変更されました。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

 

パッケージ
同シリーズのデラックスクラス共通規格の箱型パッケージです。
表には『最後の騎士王』デザインのドリフトのCG絵が記載されており、全身に渡る赤色のボディカラーが良く分かりますね。
 

ビークルモード
メルセデスAMG・GT Rに変形!
前作のビークルはブガッティ・ヴェイロンでしたが、今回はビークルを一新!
ブガッティが丸いボディラインだったので同じ車タイプでも違いが目立ちますね。

色調は黒が基本となり、差し色として赤色が加えられているため非常にシックでカッコイイ、上品な印象を受けます。
 

武器として大小合わせて四本の刀が付属していますが、ビークルモードでは全てボディに取り付けておくことが出来ます。
小さい刀二本は内部に、大きい刀二本は車体底部に接続します。
底面から見るとロボットのボディがギュッと詰まった形で収められており、非常に思い切ったガワ変形であることがありありと伺えます。
 

Advertisement

 

ロボットモード
鎧武者がそのまま鉄の体を得たようなかなり奇抜なデザインですね。
ボディカラーはビークルの黒から一転、赤が基調となっています。

変形は非常に簡素。
いわゆるガワ変形で、正直面白みはあまりありません。
ただ、その分ロボットモードの体の厚みが薄かったり、デザインがより劇中寄りになっていたりと悪いことばかりでもないですね。
むしろ簡単な変形だからこそ、気軽に手に取れるとも言えます。
 

顔周りのアップ。
鎧兜をイメージした特徴的な頭部デザイン。
色味も金色とかなり思い切ったものに。まぁこれは前作でもそうでしたがw
 

付属武器は四本の刀。大小それぞれ二本ずつです。
 

小さい方の二本は背面に接続可能。
 

可動は標準的ですが、背面との干渉もあるため自由とは言えません。
ただ接地は比較的安定します。
複雑な変形ではないので腰くらいはせめて動いて欲しかったですが、可動はありません。
 

侍と言えば刀!!
躍動的なポージングを楽しめます。
ロストエイジ劇中でも全身を使った疾走感のある戦闘を行っていたので、そのイメージを再現させると非常にカッコイイですね。
終盤の戦闘シーンで、人造トランスフォーマーを一刀両断に切り捨てた後に腕を上げるシーンが個人的に印象的でした。
 

小太刀との多様な組み合わせでポージングを楽しめます。
全体的に関節は固め、特に腕の関節が固いのであまり無理して力を入れると破損の危険性がありますので、個体差かもしれませんが扱いには気を付けた方が良さそうです。
 

『最後の騎士王』でもディセプティコンを一刀のもとに斬り伏せる大活躍!
 

 
『トランスフォーマー 最後の騎士王』シリーズより、TLK-10 オートボット ドリフトでした。
前作ではビークルのボンネットからロボットの胸部パーツが現れるような工夫がされていましたが、今回はその辺を割り切って完全なガワ変形となってしまっているのは正直残念なところです。
ただしガワ変形に割り切った恩恵として、劇中に近いボディデザインや、身体の厚みの薄い造形を実現することに成功しています。

劇場版のドリフトはヘリコプターにも変形するトリプルチェンジャーのキャラで、前作のシリーズでは「DA-13 スカイハンマー」のリデコとして「AD-30 スカイドリフト」という商品も発売されました。
個人的には、一つの玩具でトリプルチェンジャーを実現した商品がいずれ出てくれることに期待したいです!
ムービーマスターピースとか!…流石に難しいですかね。

他の「トランスフォーマー 最後の騎士王」商品レビューへ

最後の騎士王カテゴリの最新記事