「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、2019年中完了予定】

SS-19 WWⅡバンブルビー(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー

SS-19 WWⅡバンブルビー(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー
Advertisement

SS-19 WWⅡバンブルビー

シリーズ:『トランスフォーマー スタジオシリーズ』
発売日:2019/01/26
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「スタジオシリーズ」から、実写5作目『最後の騎士王』の回想で登場したWWⅡ時代のバンブルビーをレビュー。
WWⅡ時代はZB-7というコードネームで秘密裏に活躍し、ナチス・ドイツと激戦を繰り広げていたことが劇中で語られていました。

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

 

パッケージ
パケ絵はハンマーを構えた姿のバンブルビー。
 

 

ビークルモード
ハンバー偵察車に変形!
劇中ではメルセデス・ベンツ W142に変形していたので、今回の商品化ではモチーフが変わってしまいました。
ビークルの変更はかなり残念ですが、こういうクラシックな装甲車の玩具ってトランスフォーマーでは珍しいので、これはこれで新鮮。

左側面にはおそらく「ZB-1」をもじったのか、「28-1」という識別番号?が刻まれています。怪盗1412号的な。
 

天面のガトリングは360°回転可能なのですが、なんと武器自体を回転させるのではなく(回転させることも出来ますが)、武器が接続された台座が回転式になっています。
こういった細かいギミックを持つトランスフォーマーも意外と少ないので驚きがありました。
またもう一つの付属武器であるハンマーの柄を砲身に見立てているのも単純ながら非常に上手いと思います。
 

Advertisement

 

ロボットモード
正面から見ると劇中のデザイン、パーツが込み入った細かいディテールが見事に再現されています。
胸部は大胆にダミーパーツを使用することで再現度を上げているのですが、両足は変形によってタイヤが内部に格納されたデザインを再現しているのが素晴らしいですね。
ただし正面の再現度に対して背面はちょっと残念で、大きめのガワパーツが配置されてしまったために亀っぽい印象になってしまっています。
もう少し畳める構造にするとか、取り外して変形させることで盾になるとか、もう一工夫が欲しかったところ。
 

顔周りのアップ。
顔のデザインも良く再現されています。
目玉がクリックリしているのがビーの可愛らしさを良く演出していますし、口周りの造形も完璧では?
欲を言えばヘルメット中央にオートボットのインシグニアが欲しかった!
 

脚が大きいので接地力が非常に高いですね。
腰には若干の回転があるため、ニュアンス付けには貢献します。
腰の回転は背面のガワによる干渉で制約があるというわけではなく、動かすと途中で引っかかって止まる構造になっています。
一応無理に動かすことでさらに回転させることは出来ますが、自己責任でお願いします。。

付属武器はガトリングとハンマー。
特にハンマーは「最後の騎士王」のバンブルビーにとって重要な武器です。
柄が大分長いので、ポーズを付けるとかなり映えますね。両手持ちもカッコイイポーズが簡単に決まります!
 

付録として同梱する背景スタジオは回想でZB-1がナチスの基地で大暴れしたシーン。
 

 
『トランスフォーマー スタジオシリーズ』より、SS-19 WWⅡ バンブルビーでした。
WWⅡバンブルビーは他の実写キャラとも違うクラシックさが魅力的で、ミリタリー感全押しのデザインには心をグッと掴まれました。
ビークルの年代でいうとさらに遡ることになりますが、『The Transformers:Evolutions Hearts of steel』を想起させる雰囲気があって、今後もこういうデザインの商品が実写・Generations問わずラインナップされると嬉しいなと思います。

ただし上でも書いてますが、背面の巨大なガワパーツについてはもう一工夫が欲しかったところ。
ビークルのモチーフをわざわざ実写から変更したのに、それが仇になっているように思えてしまうのが何とも…。

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

スタジオシリーズカテゴリの最新記事