SS-32 ディセプティコンスクラップメタル(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー

SS-32 ディセプティコンスクラップメタル(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー
Advertisement

SS-32 ディセプティコンスクラップメタル

シリーズ:「トランスフォーマー スタジオシリーズ」
発売日:2019/04/27
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「スタジオシリーズ」からコンストラクティコンの一体・ディセプティコンスクラップメタルをレビュー。
コンストラクティコンとは実写映画二作目『リベンジ』で登場し、巨大合体兵士デバステーターに合体したディセプティコンの一団で、なんと「スタジオシリーズ」からもこれから8体のコンストラクティコンが発売され、全てを合体させることでデバステーターに変形するという驚きのギミックを秘めています!

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

 

パッケージ
劇中、ローレンシア海溝に沈んだメガトロンにパーツを提供するためにバラバラにされた個体がいましたが、あれの名前がスクラップメタル。
暗い映像だったので姿などは良く分かりませんでしたが、一応そのキャラが元ネタということになりそうです。
 

 

ビークルモード
ショベルカーに変形!
キャタピラのシルバーを始め各部の塗装がしっかりしています。
また変形のカッチリ感もあって手触りも良いです。
 

ショベルは根元、中間、バケットに可動軸があるので良く動いてくれますし、関節の硬さが十分あるので保持力もあります。
 

Advertisement

 

ロボットモード
デザインはコンセプトアートのスクラップメタルがかなり参考にされています。
ボディのデザインはもちろんですが、肩付近にライトが配置されているデザインまで再現されていて素晴らしい。

これまでの「スタジオシリーズ」のデラックスクラスは変形が小難しかったりやり辛い点があることが多かったですが、スクラップメタルはカッチリ変形でその点も嬉しいところです。
 

顔周りのアップ。
首は左右だけでなく、台座が動くことによって下方向も向くことが出来ます。
 

腕は肩と肘の二重関節で可動し、脚も根元と膝が二重関節で動いてくれます。
腰や足首は動きませんが十分な可動域です。

そして何より嬉しいのが各部の関節の硬さ!
これまでの「スタジオシリーズ」は異常なくらい関節が緩いものも多かったですが(特にデラックスクラス)、今回のスクラップメタルは「シージ」シリーズ張りに関節が硬く調整されています。
 

背骨がデザインされているのがお気に入りポイント。
同シリーズのスタースクリームにもありましたが、こういう細かいところまで気を配ってデザインされているのを見ると嬉しくなります。
 

付属武器はシールド。
ビークルの天面に接続していたパーツで、正直シールド感は薄い。。
武器というより、ビークルモードのカッチリ感を高めるためのディテールアップパーツとしての側面の方が強く感じられます。
 

付属する背景シートは『リベンジ』終盤の「工事現場」。
ここに集結したコンストラクティコンが一斉に変形してデバステーターへと合体するシーンは圧巻でした。
 

 

合体モード
左手に変形!
デラックスクラス一体を使って左手のみって…どんな大きさになるんだデバステーター…!!!
 

 
「トランスフォーマー スタジオシリーズ」より、SS-32 ディセプティコンスクラップメタルでした。
遂に始動した「スタジオシリーズ」でのコンストラクティコンのリメイク。
スクラップメタル自体は劇中での印象が薄いキャラですが、玩具の出来は非常に素晴らしいです。
「シージ」シリーズかと見紛うほどの関節の硬さやスマートな変形工程と遊びやすさ満点!

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

スタジオシリーズカテゴリの最新記事