SS-33 ディセプティコンランページ(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー

SS-33 ディセプティコンランページ(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー
Advertisement

SS-33 ディセプティコンランページ

シリーズ:「トランスフォーマー スタジオシリーズ」
発売日:2019/04/27
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「スタジオシリーズ」から、コンストラクティコンの一体・ランページをレビュー。
実写二作目『リベンジ』に同型の個体が複数登場し、終盤バンブルビーと激戦を繰り広げたり、他のコンストラクティコンと合体してデバステーターとなり大暴れを見せました。

◆関連記事
「RD-06 ディセプティコンランページ」の商品レビューへ
「SS-32 ディセプティコンスクラップメタル」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

 

パッケージ
パケ絵から一目瞭然な奇抜なロボットモード。
この一本脚で劇中ではピョンピョン跳ねながら戦闘をしていました。
 

 

ビークルモード
ブルドーザーに変形!
ボイジャークラスなのでボリュームもあり、各部もカッチリとしています。
ブルドーザーらしくブレード部分が動けばもっと良かったのですが、動くのは後ろのリッパくらいです。
 

ロボットモードではスタンドパーツを使用するのですが、このパーツはビークル底部、両キャタピラの間に接続させます。
スタンドパーツを余剰にしないためというよりは、キャタピラパーツを正しい位置に固定するためにむしろ必須といった感じ。
 

Advertisement

 

ロボットモード
奇形の多い『リベンジ』ディセプティコン勢の中でも異色な一本脚のデザインを見事に再現!
当時品のロボットモードは四本脚で、「ジャックハンマーモード」という第三の形態で一本脚を再現していましたがデザインの再現度という意味では低いものでした。
また腕のキャタピラは当時品では軟質パーツで経年劣化が心配されましたが、今回はプラなのでその辺も心配いりません。

変形はこれまでの「スタジオシリーズ」と比べると簡単、というかやりやすい印象。
「スタジオシリーズ」はロボットモードのデザインの再現を重視する副作用として分かり辛い変形工程が多くなる傾向がありますが、ランページは“変形玩具”として程良い塩梅です。
 

顔周りのアップ。
長い首は上下に可動し、頭は根元の軸による左右可動とボールジョイントでの柔軟な可動を備えています。
 

奇抜過ぎるデザインにしては全身の可動も中々で、特に腰は二重関節で、横方向へも回転してくれます。
こういった可動域を活かせば、劇中で印象的だったキャタピラを鞭の様に振り回すポージングも可能です。
 

両脇の白いパーツは取り外すことで銃武器になり、両手に接続することが出来ます。
 

付属する背景シートは『リベンジ』終盤の「工事現場」。
背景シートの下の方には、デバステーターの大きな影が描かれています。
 

 

合体モード
左脚に変形!
中央の上に伸びたパーツはクリックで左右に可動します。
そういえば劇中で合体していた個体は黄色だったと思いますが、今回のカラーリングはバンブルビーと戦っていた個体に基づいているようです。
 

 
「トランスフォーマー スタジオシリーズ」より、SS-33 ディセプティコンランページでした。
『リベンジ』当時の玩具は変形がかなり複雑になっていた時期で、特にコンストラクティコンの変形は非常に難解なものが多くありました。
それから10年の歳月を経て、デザインの再現度が上がり、変形工程も程よいstep数に落ち着き、さらにデバステーターへの合体機構まで備えた商品が発売されることに、トランスフォーマー玩具の進化を感じずにはいられません。
合体機構があるからなのか、ランページは各関節の硬さも十分で。動かしていてストレスを感じるようなこともありません。
コンストラクティコンは今後も続々発売される予定ですが、このクオリティで揃うと考えると非常に楽しみです!

◆関連記事
「RD-06 ディセプティコンランページ」の商品レビューへ
「SS-32 ディセプティコンスクラップメタル」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

スタジオシリーズカテゴリの最新記事