SS-34 ディセプティコンロングハウル(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー

SS-34 ディセプティコンロングハウル(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー
Advertisement

SS-34 ディセプティコンロングハウル

シリーズ:「トランスフォーマー スタジオシリーズ」
発売日:2019/07/27
メーカー希望小売価格(税抜き):4500円

今回は「スタジオシリーズ」から、コンストラクティコン・ロングハウルをレビュー。
実写二作目『リベンジ』に登場した合体兵士デバステーターをリメイクするべく始まった「スタジオシリーズ」のコンストラクティコン8体のリメイク、その第三弾。
劇中での登場シーンはあまり多くありませんが、マッシブなロボットモードにインセクトライクなフェイスと強烈なデザインが印象的なキャラクターでした。
映画公開当時も商品化されましたが、今回はデザインがより劇中に近付き、さらにデバステーターへの合体ギミックもあるなど、月日が経ったからこその仕上がりに!

◆関連記事
「SS-32 ディセプティコンスクラップメタル」の商品レビューへ
「SS-33 ディセプティコンランページ」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

 

パッケージ
 

 

ビークルモード
ダンプカー(キャタピラー773B)に変形!
ボイジャークラスということでダンプカーらしいボリューム感はありますが、変形がカッチリしないのが残念。
ロボットの腕の装甲パーツを使った荷台形成におけるピン接続が外側方向への力によって外れやすく、フロント上部と下部の接続も中途半端な感じに…。
特にフロントの接続はちゃんと接続してしまうと逆に前輪と後輪のバランスが崩れてコロ走行が出来なくなってしまいます。
 

荷台部分。
当時品は荷台が可動するダンプカーならではの「はたらくくるま」ギミックがありましたが、今回はオミット。
またロボットモードの腕が剥き出しで、あくまでロボットモードのデザインと合体ギミックの再現に注力している印象です。
 

Advertisement

 

ロボットモード
デザインの再現度は流石で、マッシブな力士体型に独特な胸回りの造形も再現されています。
当時品は劇中と比べるとスマートなデザインだったので、今回の造形は正に待望の出来栄え!

ビークルモードはロボットモードをうつ伏せにした状態なので、変形はそれほど難しくありません。
 

顔周りのアップ。
インセクトフェイスも良い造形。
ちょっと奥まった位置に首があるので動かしにくいですが、ボールジョイントで十分可動します。
 

腕回りの可動は見た目通り少々難があり、背中のタイヤと見事に干渉してしまいます。
一方下半身の可動域はとても広く、腰は背面のパーツを逃がしてやれば360°回転しますし、合体ギミックの恩恵でクリック可動になっています。
 

太ももの大きなパーツが脚の可動を制約しそうですが、この部分は回転させて外に逃がすことが出来るので、そうすればほぼ90°まで脚を上げることが出来ます。
また足首は内側に可動するので、見た目以上に脚の可動はホント優秀!
 

付属する背景シートは、他のコンストラクティコンのリメイクと同一。
『リベンジ』終盤の工事現場のシーンです。
 

 

合体モード
右脚に変形!
背景シートでも描かれている工事現場のシーンで、集結したコンストラクティコンは一斉に変形を始め、デバステーターへと合体しました。
ロングハウルは右脚を形成しますが、デバステーターの巨体を支えるには、足首のクリックが少し弱いかもしれません。杞憂で終われば良いですが…。
 

 
「トランスフォーマー スタジオシリーズ」より、SS-34 ディセプティコンロングハウルでした。
合体モードがあるということで当初コンストラクティコンのリメイクは単体での出来が心配でしたが、前2体を触ってその心配が吹き飛び、今回のロングハウルでも安定した出来を感じる事が出来ました。
ビークルモードがカッチリしないのはもちろん残念なポイントですが、マッチョポッチャリなロボットモードのスタイルと劇中のデザインが再現されているだけでかなり満足できます。
コンストラクティコンの次弾は8月発売予定の「ハイタワー」で、驚異の巨大合体兵士・デバステーターの完成まで後5体!しっかり完走したいと思います。

◆関連記事
「SS-32 ディセプティコンスクラップメタル」の商品レビューへ
「SS-33 ディセプティコンランページ」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

スタジオシリーズカテゴリの最新記事