「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

SS-15 アイアンハイド(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー

SS-15 アイアンハイド(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー
Advertisement

SS-15 アイアンハイド

シリーズ:『トランスフォーマー スタジオシリーズ』
発売日:2018/09/15
メーカー希望小売価格(税抜き):4500円

今回は「スタジオシリーズ」からアイアンハイドをレビュー。
アイアンハイドは実写一作目から三作目まで登場しオートボットの主戦力として前線で活躍を見せた歴戦の勇士です。
これまで幾度となく商品化されてきたアイアンハイドですが、今回は巨大な両腕の銃火器や特徴的な胸回りの造形など劇中再現度が過去最高の仕上がりに!

◆関連記事
「SS-09 オートボットジャズ」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

 

パッケージ
実写一作目のオートボットがこれにて勢揃い!
今後も二作目・三作目とシリーズキャラをどんどんリメイクしていってほしいですね。
 

 

ビークルモード
GMC・トップキック C4500に変形!
ボイジャークラスなだけあってピックアップトラックの重量感を強く感じる造形ですね。
ただ後ろから見たとき、荷台部分が平坦になっているのが凄く目に付きます。
これじゃあ走っているそばから荷物がどんどん落ちてっちゃうよ…。
また排気煙突付近にぽっかり穴が空いているのも腑に落ちない。。
 

付属武器の巨大銃火器は2つを合体させた状態で荷台部分に接続可能。
今回のリメイクでは武器を完全別パーツとしたことでボリューム感がしっかりと感じられる大きさです。
 

Advertisement

 

ロボットモード
「スタジオシリーズ」はグリムロックはじめ劇中デザインの再現度が極まっていますが、今回のアイアンハイドも過去に例を見ないほど造形の再現度が抜群です。
両腕の銃火器は別パーツとしたことで十分な大きさを誇りますし、何より特徴的な胸回りのデザインの再現度が非常に高いです。
そしてどっしりとしながらもバランスの取れたプロポーションも過去のリメイクとは比べ物になりません。
 

顔周りのアップ。
映画を観ていていっつも「ネコっぽい」と感じていた顔も素晴らしい再現度。
…なのですが、右目の塗装が残念な仕上がりに。
どうやら個体差というわけでなく、全品このエラー状態のようです。なんとも惜しい。
 

肩が上下だけでなく前後にも動くので、独特な肩回りの造形に反して腕の可動は十分担保されています。
ただ下半身については腰と足首が可動しないため残念な感じに。
せめて足首が動いてくれれば、もっと躍動的なカッコイイポージングが出来そうなんですけどねぇ。
 

両腕の銃火器は別パーツなのでもちろん取り外しが可能で、取り外すとウインドウ部分が腕の装甲みたいになっていてカッコイイ。
 

付録として同梱する背景スタジオ。
実写一作目終盤の市街地決戦がバックに。
 

 

例によって説明書が分かり辛いので、胸回りの変形の補足を。
ボンネットは首付近のジョイント(写真の下の赤丸)に接続させると、ドア部分が背面のジョイント(写真の上の赤丸)にちゃんと接続されるようになり、カッチリ感ある変形が完了します。
また両方のジョイントにちゃんと接続させるとボンネットの位置も正しく決まるので、胸回りの変形に苦労されている方は参考にしてみてください。
 

 
『トランスフォーマー スタジオシリーズ』シリーズより、SS-15 アイアンハイドでした。
劇中さながらの高いデザインの再現度には唸るばかり。
またもや「スタジオシリーズ」の凄さをまざまざと見せつけられる形となりました。
特に上半身の出来は過去に類を見ない素晴らしい造形だと思います。
武器も別パーツとしたのは英断で、結果としてアイアンハイドの特徴的なシルエットを完璧に再現することに成功しています。
惜しむらくは足首の可動…!!
他が素晴らしいからこそココが凄く気になってしまうのが少々残念ですね。

またアイアンハイドは「マスターピース ムービーシリーズ」での発売も決定しています。
今回も十分決定版と言って良い出来ですが、最高峰ブランドでどこまでの完成度を見せてくれるのか…非常に楽しみです。

◆関連記事
「SS-09 オートボットジャズ」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

スタジオシリーズカテゴリの最新記事