SS-37 ディセプティコンハイタワー(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー

SS-37 ディセプティコンハイタワー(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー
Advertisement

SS-37 ディセプティコンハイタワー

シリーズ:「トランスフォーマー スタジオシリーズ」
発売日:2019/08/31
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「スタジオシリーズ」から、コンストラクティコン・ハイタワーをレビュー。
実写二作目『リベンジ』では変形せずにビークルモードのみでの登場でしたが、劇中では他のコンストラクティコンと合体して巨大兵士・デバステーターへと変形しました。
今回の商品化ではもちろんロボットモードも存在し、さらにデバステーターへの合体機構も搭載しています。
ロボットモードのデザインは当時のコンセプトアートを参考にしているようですね。

◆関連記事
「SS-32 ディセプティコンスクラップメタル」の商品レビューへ
「SS-33 ディセプティコンランページ」の商品レビューへ
「SS-34 ディセプティコンロングハウル」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

 

パッケージ
裏面のキャラ紹介に「ロボットモードの目撃例は極めて少ない」と書かれてしまっていますが、事実「リベンジ」劇中でもロボットモードは登場しませんでした。
 

 

ビークルモード
クレーン車に変形!
後ろからは合体ジョイントが丸見えですが、それ以外はどの方向からの鑑賞にも耐えるデザインです。
 

クレーン部分は90°程度可動し、フックのパーツも動きます。
 

「SS-32 ディセプティコンスクラップメタル」とビークルモードで。
同じデラックスクラスですが、ハイタワーの方が全体的に少し大きめ。
 

Advertisement

 

ロボットモード
何より目に付くのはその独特なフォルム!
『リベンジ』のディセプティコンは奇抜なデザインのキャラが多いですが、ハイタワーは群を抜いて独特。
良く見るとラプトルっぽくも見えて、意外とカッコ良さも内包されているのかもしれません。
 

顔周りのアップ。
顔のデザインは他のコンストラクティコンと同じ思想のインセクトフェイス。
 

主な可動ポイントは、頭と脚。
頭は首が伸縮するのに加えて根元がボールジョイントとかなり柔軟。
大きな脚も可動域は広く、横に上下にとグリグリ動きますし、接地性も高いのでデザインの割にポージングも意外と楽しめます。
 

「SS-32 ディセプティコンスクラップメタル」とロボットモードで。
並べるとスクラップメタルが正統派なヒーロースタイルに見えてくる不思議。
 

付属する背景シートは、他のコンストラクティコンのリメイクと同一。
『リベンジ』終盤の工事現場のシーンです。
 

 

合体モード
左腕に変形!
これまで発売されたコンストラクティコンは合体モードに変形させてみても互いに合体しない部位でしたが、今回は遂に左手のスクラップメタルと合体することが出来ます!
スクラップメタル単体では3本指でしたが、ハイタワーが合体することで親指が追加されるのが細かい。

しかしデラックスクラス二体使って腕、それも前腕部分にしかならないとはデバステーター全体の大きさが本当に楽しみになります。
 

 
「トランスフォーマー スタジオシリーズ」より、SS-37 ディセプティコンハイタワーでした。
最初デザインが発表された際は奇抜過ぎるデザインに苦手意識があったのですが、実際に手に取ってみるとその印象はガラリと変わりました!
特にロボットモードは、長く伸びた首と自在に動く大きな両脚を駆使することで大胆かつカッコイイポージングが取れるので一気にお気に入りに。
「リベンジ」当時はランページ始め奇抜なデザインの玩具は可動が犠牲になることが多かったですが、「スタジオシリーズ」はデザインがどれだけ奇抜でも、それにかこつけずに可動をしっかり担保するのが素晴らしいです。

◆関連記事
「SS-32 ディセプティコンスクラップメタル」の商品レビューへ
「SS-33 ディセプティコンランページ」の商品レビューへ
「SS-34 ディセプティコンロングハウル」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

スタジオシリーズカテゴリの最新記事