「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、2019年中完了予定】

SS-21 ディセプティコンバリケード(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー

SS-21 ディセプティコンバリケード(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー
Advertisement

SS-21 ディセプティコンバリケード

シリーズ:『トランスフォーマー スタジオシリーズ』
発売日:2019/01/26
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「スタジオシリーズ」からディセプティコンの戦士・バリケードをレビュー。
実写一作目に登場したバンブルビーのライバル的ポジションのディセプティコンで、最近は「マスターピース ムービーシリーズ」からも商品化されました。
今回のリメイクではそのMPM版がかなり参考にされており、特に変形工程はまさに簡易MPM版。

◆関連記事
「MPM-05 ディセプティコンバリケード」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

 

パッケージ
裏にはFordのロゴが記載されており、MPM版同様ライセンス取得商品のようです。
 

 

ビークルモード
パトカー仕様のサリーン・S281に変形!
造形はMPMと比較してみても遜色ないほどの高い再現度を誇ります。
またバリケードの代名詞“To punish and enslave(罰と服従を)”を始めとする、MPM版で再現されていた印刷文字は今回のSS版でも全て再現されています。

ただしデザインの素晴らしさに反して変形は中々に曲者。
特にパーツ合わせがタイトで、カッチリ変形させるのはかなり難しい。
私の個体は、上の写真でも明らかですが、どうしてもフロントの左側が浮いてしまいます。
 

付属武器はMPM版でも付属したローターウエポンブレード。
MPM版ではビークルモードに取り付けることは出来ず、その代わりに専用台座が設けられました。
今回はフロント底部に接続することが可能になっており、まるでサムを脅すためにフロントを変形させた劇中のシーンのような演出が可能です。
 

Advertisement

 

ロボットモード
デザインの「映画からそのまま出てきました感」は他のスタジオシリーズと比べても頭一つ飛びぬけている印象。
背面のガワも最小限に抑えられているので、同時発売の「SS-19 WWⅡバンブルビー」の様な正面は素晴らしいのに後ろから見ると残念ということもありません。
MPM版を経たことでかなりのノウハウが蓄積されたのだと推察できます。
 

しかし非常に残念なことにこのバリケード、見た目には分からない「腹部の接続の緩さ」という致命的なエラーを抱え込んでしまっています。
上半身と下半身がジョイントで接続される構造なのですが、このジョイントが全く仕事をしてくれません。
しかもカチッという手応えが多少あるにも関わらず直ぐにポロンと外れるので何というか「解せぬ…」という気持ちに…。
ちょっとポージングさせようと触っただけでポロポロ外れていくので、触れば触るほどストレスが上がっていきます。
 

また背面のパーツが接続されているボールジョイントの受けにヒビが入ってしまっています。
SNS等でも同様の報告が多数上がっているため個体差というわけではなさそうです。
おそらく受けがクリアパーツなことと、想定以上の負荷がかかっていることが原因と思われるので、品管や設計レベルでの問題でしょうね。
 

顔周りのアップ。
珍しく頭部は軟質パーツです。
デザインやカラーリングはボディ同様MPM版をかなり意識したものになっています。
 

腰と足首が動かないことを除けば可動は優秀。
各部の渋みも良い塩梅ですし、腕と脚が長いためポージングの幅も広く十分満足出来ます。
 

付属武器のローターウエポンブレードは手に持たせる形で装備させます。
MPM版では腕を変形させて接続していましたがそこは流石に簡易的になりました。
 

付録として同梱する背景スタジオはバンブルビーと激闘を繰り広げた夜の工場。
 

 
『トランスフォーマー スタジオシリーズ』より、SS-21 ディセプティコンバリケードでした。
デザイン面の実写再現度はMPMに肉薄するほどの素晴らしい出来栄えですが、それを差し引いても問題点が際立ってしまうのは非常に残念。
一言で言ってしまえば、「傑作になれたはずの残念玩具」。
本来なら傑作と呼ばれるだけのポテンシャルは持っていたはずなのに…。
特にロボットモードで上半身と下半身を接続するという非常に重要な役割を持ったジョイントがまともに機能していないというのは徹底的に恥じ入ってもらいたいです。

◆関連記事
「MPM-05 ディセプティコンバリケード」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

スタジオシリーズカテゴリの最新記事