「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

SS-09 オートボットジャズ(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー

SS-09 オートボットジャズ(トランスフォーマー スタジオシリーズ):レビュー
Advertisement

SS-09 オートボットジャズ

シリーズ:『トランスフォーマー スタジオシリーズ』
発売日:2018/07/21
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「スタジオシリーズ」からリメイクされた実写一作目登場の将校ジャズをレビュー。
実写ジャズといえば「ムービーザベスト」から当時品のリカラーが最近発売されたばかりですが、今回のリメイクは完全新規造形。
実写のサイズ比の再現を謳ったシリーズということもあって、デラックスクラスの中でもかなりの小振りなのは賛否分かれそうですね。

◆関連記事
「MB-12 オートボットジャズ」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

 

パッケージ
同シリーズのデラックスクラス商品と共通パッケージですが、透けて見えるジャズからはかなりのスペースの余裕が見て取れます。
まぁ要するに、かなり小っちゃいってことですね。
 

 

ビークルモード
ポンティアック・ソルスティスに変形!
ボディーは全体的に銀の塗装が施されており、またフロントライトやガラス部分の薄い青のクリアパーツが非常に綺麗。
思っていた以上の小ささですが、デザインや塗装は流石にしっかりしています。
 

付属武器はパラボラアンテナのような銃。
これ、劇中でも使っていた印象深い武器で、ビークル時はリアウイングに引っ掛ける形で接続できます。
何故か説明書にはビークルでの取り付け方法について記載がありませんが、この接続を想定した形態に変形できるようになっています。
 

「MB-12 オートボットジャズ」とビークルで。
オオゥ…ジャァァズ…。。
見た目にもそのサイズ差は歴然ですが、両者を重ねてみるとその差はより顕著。
 

Advertisement

 

ロボットモード
小柄でスラっとしたデザインが劇中のジャズのイメージにピッタリ。
ただ小さいがゆえに、背面の大きなガワが悪目立ちしてますね。
最近の実写TF、特にデラックスクラスはガワを背負うのが半ば定番化してしまっていますが、その中でもより目立ってしまっている印象。

変形工程はどうやらヒューマンアライアンス版を踏襲しているらしいです(残念ながらそちらを持っていないので何とも言えませんが)。
近年のデラックスクラス実写TFと比べると凝った変形で、しっかり変形の手ごたえを感じることが出来ます。
 

顔周りのアップ。
クリアパーツのバイザーフェイスがカッコよく、さらに中の顔まで細かくデザインされているというのは嬉しい誤算でした!
 

デラックスクラスでは手首が動かないものがほとんどですが、今回のジャズは武器の接続ギミックの恩恵で上下方向に可動します。
左右で手の造形が違うのも細かいポイントで、指の本数が4本なのは劇中通りのデザインです。

そしてこのジャズの一番の魅力が全身の驚くべき可動域!
肩は後ろ方向にも動き、さらに足首が内側に動くので劇中さながらの躍動的なポージングを楽しめます。
これは当時品にはない魅力ですね!
 

付属武器は軟質パーツの手を反転させることで露出するジョイントに接続します。
円形のパーツが目立つこともあって、装備させると中々存在感を放ちます。
 

「MB-12 オートボットジャズ」とロボットモードで。
おもちゃとしてどっちが好きかといえばムービーザベスト版ですが、
今回のスタジオシリーズ版にも劇中再現度の高いデザインや劇中さながらのダイナミックなアクションが可能な可動域と十分な魅力があります。
 

 

付録として同梱する背景スタジオ。
実写一作目終盤の市街地戦が背景に描かれています。
ジャズにとっては最期の戦場…。
 

 
『トランスフォーマー スタジオシリーズ』シリーズより、SS-09 オートボットジャズでした。
サイズが他のデラックスクラスと比べると見劣りしてしまうため、物足りなさはどうしても感じてしまいますが、よくよく触ってみると凝った変形、劇中再現度の高いデザイン、そして何よりジャズらしい可動域の広さは一見の価値ありですね。
おそらく単体で楽しむだけでなく、同シリーズの他のオートボットと並べたり、ディセプティコン(ブロウルとか)との戦闘シーンを演出してあげるとよりその魅力が引き立つのではないかと。

◆関連記事
「MB-12 オートボットジャズ」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー スタジオシリーズ」商品レビューへ

スタジオシリーズカテゴリの最新記事