SG-05 オートボットコグ(トランスフォーマー シージ):レビュー

SG-05 オートボットコグ(トランスフォーマー シージ):レビュー
Advertisement

SG-05 オートボットコグ

シリーズ:「トランスフォーマー シージ」
発売日:2019/02/29
メーカー希望小売価格(税抜き):3500円

今回は「シージ」シリーズから、オートボットコグをレビュー。
元ネタはフォートレスマキシマスのサポートメカで、ガスケット、グロメという二体のビークルが合体変形します。
また「シージ」シリーズで新たに導入されたウェポナイザーというクラスのトランスフォーマーで、全身をバラバラにすることで様々な武器に変形するという、シリーズの目玉ギミックを備えています。

他の「トランスフォーマー シージ」商品レビューへ

 

パッケージ
パケ絵はガスケットとグロメ!
元ネタ通り今回のリメイクでも二体のビークルへと分離することが可能です。
 

 

ビークルモード
サイバトロニアン装甲車に変形!
デザインはG1のビークルを元にしていますが、各部のディテールが非常に細かくデザインされているため重厚感が増しています。
カラーリングは青の成形色にシルバーと赤の塗装でこれまたキレイ。
 

ビークルは中間で分離することで「ガスケット」と「グロメ」に!
G1再現で素晴らしいですが、接続ジョイントが少々緩いので触っていると意図せず分離してしまうのが残念。
 

Advertisement

 

ロボットモード
ウェポナイザーらしい全身武装の武骨なデザインとヒロイックなスタイルが同居した素晴らしい造形で、カッコええ!
ただ背面と脚の裏が肉抜きになっていて、他の「シージ」シリーズTFと比べると残念なポイントもあります。
くしくもG1玩具と同じ場所が肉抜き…。まぁ変形工程がほぼ同じなので仕方がないとも言えますが。
その変形工程は他のTFとは異なっていて、各部を分離・変形させて合体するという珍しい工程で構成されています。
「ガスケット」は上半身、「グロメ」は下半身を形成しています。
 

顔周りのアップ。
首は左右に軸で回転します。
 

他の「シージ」デラックスクラスに肉薄する可動域を誇ります。
当初、腕を水平方向に上げるには腕のアーマーが肩に干渉しないよう向きを考える必要があるのかと思っていたのですが、このアーマーは肩にぶつからないように独自の可動域を持っていることに気付いて感動!
 

専用武器は二丁拳銃「サーキットウェルダー」。
デザインはG1コグの銃というより、G1フォートレスの銃をイメージしたものに。
 

 

レッツ!ウェポナイズ!!
「ウェポナイザークラス」は全身を分解することで他のTFの武器になるギミックを備えています!
画像の通り、かなり細かくバラバラに!
 

ということで「シージ」TFに装備!
元々ウェポナイザーとの合体ギミックを想定したデザインをしているので、かなり柔軟な組み合わせでの装着を楽しめます。
個人的には背中からブラスターを生やすのがお気に入り。
 

 
「トランスフォーマー シージ」シリーズより、SG-05 オートボットコグでした。
単体でもデザイン・変形・可動に手抜かりの無い素晴らしい出来栄えですが、やはり一番のポイントは「ウェポナイズギミック」!
特に「シージ」シリーズのTFはウェポナイズギミックを想定して各部に接続用の5mm穴が大量に用意されていますし、各関節も十分な硬さを持っているため遊びの幅が広く、相乗効果が半端ない!
複数体集めて武装を盛り盛りにするのも中々に楽しそう…!!

他の「トランスフォーマー シージ」商品レビューへ

シージカテゴリの最新記事