SG-25 ブラント(トランスフォーマー シージ):レビュー

SG-25 ブラント(トランスフォーマー シージ):レビュー
Advertisement

SG-25 ブラント

シリーズ:「トランスフォーマー シージ」
発売日:2019/07/27
メーカー希望小売価格(税抜き):3500円

今回は「シージ」シリーズから、ウェポナイザー・ブラントをレビュー。
元ネタはディセプティコンの巨大TF・トリプティコンのガードロボット。
当時はロボットモードが存在せず、トリプティコンの基地モードの一部が変形した移動砲台でしたが、今回はロボットモードから変形するようアレンジされています。

他の「トランスフォーマー シージ」商品レビューへ

 

パッケージ
特徴的なクローを前面に押し出したパケ絵。
 

 

ビークルモード
移動砲台に変形!
トランスフォーマーのビークルとしてはかなり珍しいモチーフ。
戦車とは違って砲塔の巨大感が際立っていてカッコイイです。
 

砲塔は上下左右と自在に可動し、ロボットモードでは脚を形成することもあって、足首に当たる部分の可動を活かすとグネグネと面白い動きもしてくれます。
 

同時発売の「SG-26 ジェットファイヤー」に付属するエフェクトパーツが凄い良く似合う!!
 

Advertisement

 

ロボットモード
デザインの方向性的には『ビーストウォーズ リターンズ』のタンカーに近いものを感じさせますね。
両腕のクローや肩の砲塔など単純な共通項も多いですが、生命体要素を極限まで少なくして、無機質で無感情なロボット要素を強めにしているという点が非常に似ています。
こういうのホントツボ。

変形はこれまでのウェポナイザー(コグ、シックスガン)以上にバラバラと別パーツに分かれてからの合体変形になります。
 

顔周りのアップ。
顔は感情を全く感じさせない“ガードロボ”然としたデザインで、古き良き様式美といった感じ。
 

可動域は「シージ」シリーズという事でやっぱり流石。
腰の回転、足首の可動はもはや標準装備で、腕も水平方向まで上がります。
 

 

レッツ!ウェポナイズ!!
「ウェポナイザークラス」は全身を分解することで他のTFの武器になるギミックを備えています!
かなり大胆にバラバラに。組み合わせでの遊びの幅が広がります。
 

ということで「シージ」TFに装備!!
移動砲台らしく砲身を活かすも良し、背中からアームとして生やすも良し!
画像は説明書にある組み合わせままですが、オリジナルの装備を追求するのも非常に楽しいですし、他のウェポナイザーと混ぜてみるのも良さそうです。
 

トリプティコン(ダイナザウラー)のサポートメカが元ネタという事で、「LG-43 ダイナザウラー」に付属するフルチルトと。
カラーリングに統一感があるのが同じサポートメカというイメージを強調していて良いですね。
 

 
「トランスフォーマー シージ」シリーズより、SG-25 ブラントでした。
ディセプティコン初のウェポナイザークラスは、既に発売されているオートボットのウェポナイザーとはデザインの方向性が大分異なっていて、量産型のガードロボといったイメージを強く感じさせます。
これが結構ツボで、ヒーロースタイルのオートボット・ウェポナイザーとは違った魅力がありますね。移動砲台というビークルモードも単純にカッコイイ…。

他の「トランスフォーマー シージ」商品レビューへ

シージカテゴリの最新記事