「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、2019年中完了予定】

RD-03 デモリッシャー(トランスフォーマー リベンジ):レビュー

RD-03 デモリッシャー(トランスフォーマー リベンジ):レビュー
Advertisement

RD-03 デモリッシャー

シリーズ:『トランスフォーマー リベンジ』
発売日:2009/05/30
メーカー希望小売価格(税抜き):3800円

今回は「リベンジ」からデモリッシャーをレビュー。
実写二作目「リベンジ」では、序盤に白色の個体が上海でオプティマスと激闘を繰り広げました。
大型油圧ショベルカーに変形する規格外の大きさや、人型を逸脱したロボットモードは、当時劇場に足を運んだ全ての人の脳裏に強く印象付けられたのではないでしょうか。
ボイジャークラスのため作中ほどの大きさではありませんが、ロボットモードの奇抜なデザインは見事に再現されています。

他の「トランスフォーマー リベンジ」商品レビューへ

 

ビークルモード
大型油圧ショベルカーに変形!
運転席の造形からショベルカー全体が非常に巨大であることが窺えます。
クローラー部分はゴム製で劣化が心配。私の個体は10年近く経った今でも破損していませんが、それでも注意してし過ぎるということはなさそうです。
 

ショベルのアームとバケットはしっかりと可動します。
 

アームの可動と連動して、アーム内のパーツが回転するギミックがあります。
いわゆるメックアライブというギミックで、「リベンジ」シリーズの目玉ギミックですね。
 

Advertisement

 

ロボットモード
箱型だったビークルから十字型のロボットへと珍しい変形をこなします。
デザインの特異性はもちろんですが、そのデザインを実現するために、変形工程も他のトランスフォーマーでは見られない独特のものになっています。
特に上下の円状のクローラーを形成する工程での大胆なパーツ移動は目を見張るものがありますね。
 

顔周りのアップ。
顔は固定なので可動はありません。
リベンジ期のディセプティコンは虫顔デザインのものが非常に多く、デモリッシャーもその例に漏れないデザインです。
 

可動は正直限定的。
両腕は自由に動くには動きますが、自立させようと考えると大きく制限されてしまいます。
 

 
『トランスフォーマー リベンジ』シリーズより、RD-03 デモリッシャーでした。
「リベンジ」シリーズのディセプティコンはどれも独特なデザインをしていて個性がありますが、デモリッシャーはその中でも頭一つ抜き出ています。
特にロボットモードのデザインは後にも先にも他に類を見ないものに!
その分可動やポージングは限定的になってしまっていますが、独特なデザインを実現するためにこれまでのトランスフォーマーでは見られないような変形をこなすので一見の価値ありです!

ちなみに、劇中に登場した白色の個体にリペイントされた「RD-19 シャンハイアタックデモリッシャー」も発売されていますので、お好みでどうぞ。

そして劇場公開から10年の月日を経て、「スタジオシリーズ」から「リベンジ」に登場したコンストラクティコンのリメイクが発表されました!
リメイクされるコンストラクティコンは合体してデバステイターに変形することも決まっており、間違いなくデモリッシャーもラインナップされることでしょう!

他の「トランスフォーマー リベンジ」商品レビューへ

リベンジカテゴリの最新記事