「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年中完了予定】

AM-29 ショックウェーブ(トランスフォーマー プライム アームズマイクロン):レビュー

AM-29 ショックウェーブ(トランスフォーマー プライム アームズマイクロン):レビュー
Advertisement

AM-29 ショックウェーブ

シリーズ:『トランスフォーマー プライム アームズマイクロン』
発売日:2012/12/15
メーカー希望小売価格(税抜き):2000円

今回は「プライム アームズマイクロン」からショックウェーブをレビュー。
ディセプティコンの幹部として名高いショックウェーブは、アニメ「プライム」に確かに登場していましたが、劇中スタイルはもっとマッシブにデザインされており、本品と比べると印象がかなり違います。
何故デザインが違うのかというと、本品が海外ゲーム「Fall of Cybertron」に登場したショックウェーブを商品化したものだからです。
「プライム」にラインナップされた理由は色々謎ですが、ショックウェーブの立体物としては良い出来ですよ。

他の「トランスフォーマー プライム アームズマイクロン」商品レビューへ

 

パッケージ
表のCG画はアニメ本編のものではなく、ゲーム「Fall of Cybertron」のものですね。
 

 

ビークルモード
機動砲台に変形!
ちなみに「プライム」版のビークルはSF戦車でした。
 

主砲部分は妖しいピンク色。
 

ビークルは付属のアームズマイクロンと合体している状態です。
マイクロンを外した状態だとスカスカでボリューム感が足りない。。
 

Advertisement

 

ロボットモード
モノアイや突き出た胸部パーツなどショックウェーブの特徴はしっかり踏襲しています。
「Fall of Cybertron」のデザインと比較しても少し細身に過ぎますが、個人的にはスタイリッシュで好みです。
 

顔周りのアップ。
モノアイは集光ギミックが活きています。
ギラギラと妖しく輝く顔がショックウェーブの不気味さを引き立てます。
 

変に干渉するパーツもないので自在にポージングできます。
特に膝立ちが出来るのが嬉しいですね。
 

アームズマイクロンのビド
カブトムシモチーフですね。
ランナーで付属しているのでパーツを外して組み立てます。
 

ビドは変形して「アームズアップ」することで銃になります。
銃は手に持たせる形で保持させます。
実はこれが残念ポイントで、海外版では腕を変形させてそこに武器(日本版には付いていない!)を接続する形なんですよね。
なので「腕が変形で銃になる」という過程を再現できるというわけです。
 

 
『トランスフォーマー プライム アームズマイクロン』シリーズより、AM-29 ショックウェーブでした。
「プライム」劇中再現という意味では、後に出た「G-13 ハンターショックウェーブ」の方がはるかに高いです。
そもそも元ネタが違うわけなので当たり前といえば当たり前ですが。
ただショックウェーブの玩具として見ると、非常に出来が良いと思いますよ。
スタイルも良いですし、色味やデザインもカッコイイです。
ただ惜しむらくは、海外版から武器がアームズマイクロンに変更されたことで、腕から銃を生やせなくなってしまったこと!
アームズマイクロン自体は別に悪くはないので、腕と接続できるような造形でデザインしてくれれば文句なしでした。
なので海外版を入手する、というのも一つの手ですねー。

他の「トランスフォーマー プライム アームズマイクロン」商品レビューへ

プライム アームズマイクロンカテゴリの最新記事