「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

PP-05 ウインドチャージャー(トランスフォーマー パワーオブザプライム):レビュー

PP-05 ウインドチャージャー(トランスフォーマー パワーオブザプライム):レビュー
Advertisement

PP-05 ウインドチャージャー

シリーズ:『トランスフォーマー パワーオブザプライム』
発売日:2018/05/25
メーカー希望小売価格(税抜き):1500円

今回は「パワーオブザプライム」シリーズでリメイクされたオートボットの戦士ウインドチャージャーをレビュー。
ウインドチャージャーはバンブルビーやパワーグライド同様ミニボット部隊の一員。
赤いボディが特徴的な戦士で、以前「ユナイテッド」シリーズでもリメイクが発売されましたが、今回はより劇中イメージに近いデザインでの発売となりました。

他の「トランスフォーマー パワーオブザプライム」商品レビューへ

 

パッケージ
海外版との違いは日本名の付記だけですが、海外版と仕様が同じになったことでキャラクターカードが付属するようになったのは嬉しいポイント。
 

キャラクターカード
割り当てられたプライムは、“アマルガモスプライム”。
スラッシュと被った…!!
 

 

ビークルモード
スポーツカーに変形!
G1ではポンティアック・トランザムに変形していましたが、今回のスポーツカーも形状的にはそれを踏襲しているように見えます。
レジェンズクラスなのでサイズは小さめですがまとまりがあります。
ガラス部分は両サイドが塗装ですが、フロント部分はクリアパーツで出来ています。
 

車体を中央で割ると中の運転席にヘッドマスターやプライムマスターを搭乗させることが可能に。
フロントガラスがクリアパーツなので正面から見ると何とか乗車しているのが分かりますね。画像では残念ながら全く分かりませんが。
 

Advertisement

 

ロボットモード
チャージャー独特の箱っぽいボディデザインが見事に再現!
以前「ユナイテッド」でリメイクされた際はオリジナリティの強いロボットモードの造形でしたが、今回はG1アニメ劇中の姿に忠実なリメイクとなりました。

変形はレジェンズクラスゆえにかなり簡単で直感的なものに。
メインボディが車体底面に造形されているので手足と背面の変形をちょこちょこっとすれば完了です。
 

顔周りのアップ。
モーターマスターのように箱の中に顔が埋まっているような頭部の造形も良く再現されています。
首は軸可動なので左右に動きます。
 

まぁレジェンズクラスとしては標準的な可動。
腰や拳の回転はありませんが、腕と脚はボールジョイントで柔軟に動いてくれます。
足の接地面積も広いので安定感も高い印象ですね。
 

 
『トランスフォーマー パワーオブザプライム』シリーズより、PP-05 ウインドチャージャーでした。
トランスフォーマーのキャラの中では割とマイナーな部類だとは思いますが、こういったキャラもしっかり拾ってリメイクしてくれるのは本当にありがたい!
特にミニボットは近年リメイクの波が押し寄せており、かなりの種類がリメイクされました。
このウインドチャージャーもそうですが、どれも可動や造形がしっかりした良リメイクなので、気兼ねなく購入してディスプレイを楽しむことが出来ます。
またレジェンズクラスという安価かつ変形も簡単なので、入門としても最適ですね。

さらにこのウインドチャージャーはリデコでテイルゲイトの発売が決定しています。
こちらも楽しみに待ちたいと思います!

他の「トランスフォーマー パワーオブザプライム」商品レビューへ

パワーオブザプライムカテゴリの最新記事