「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

PP-11~15 ボルカニカス(トランスフォーマー パワーオブザプライム):レビュー

PP-11~15 ボルカニカス(トランスフォーマー パワーオブザプライム):レビュー
Advertisement

PP-11~15 ボルカニカス

シリーズ:『トランスフォーマー パワーオブザプライム』
発売日:2018/06/30(5商品)
メーカー希望小売価格(税抜き):15700円(5商品合計)

今回は「パワーオブザプライム」でリメイクされたダイノボット軍団5体による新合体戦士ボルカニカスをレビュー。
ユナイトウォリアーズ(Combiner Wars)規格の合体機構を有したダイノボットは、グリムロックを中心にスラッグ、スワープ、スナール、スラージがそれぞれ腕と脚に変形し合体!
合体形態のボルカニカスは、G1時代には存在せず、今回新たに登場した完全新規の合体戦士です!

◆関連記事
「PP-04 ダイノボットスラッシュ」の商品レビューへ
「PP-11 ダイノボットスラッグ」の商品レビューへ
「PP-12 ダイノボットスワープ」の商品レビューへ
「PP-13 ダイノボットスナール」の商品レビューへ
「PP-14 ダイノボットスラージ」の商品レビューへ
「PP-15 グリムロック」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー パワーオブザプライム」商品レビューへ

 

ダイノボット軍団集合!!
「パワーオブザプライム」ではG1リメイクとなる5体のダイノボットに加え、新たにダイノボットに加入した紅一点・スラッシュが玩具化されました。
旧来の5体はもちろんですが、新戦士のスラッシュもあっという間に馴染んでいて、全員を並べると壮観!
 

Advertisement

 

ダイノボット合体!!ボルカニカス!!!
グリムロックのレビューでも書きましたが、どうですかこの腰回りの細さ!!
スペリオンやブルーティカスなど箱っぽさのあるこれまでのトランスフォーマーの合体戦士と比べると「どうした!?」と驚くほどの奇抜なデザイン!
個人的にダイノボットの合体戦士はもう少しどっしりしたデザインの方がしっくりくるのですが、G1キャラのリメイクの多い潮流の中、こういう新しい挑戦を目の当たりにすると心躍ります。

また旧来の合体戦士とは全く異なるデザイン思想の形態へ、G1版を忠実再現したダイノボットが変形合体するというのも非常に面白い点ですね。
 

顔周りのアップ。
グリムロックの頭部をベースにより荒々しく正当進化させたフェイス。
 

腰回りの細さが気になる場合は、余ったプライムアーマー(手)を腰に接続することでボリューム感を補うことが出来ます。
個人的にもこっちの方がデザインは好みですね。
可動はユナイトウォリアーズ同様非常に優秀で、さらに腰の可動もあるので色々ポージングを楽しめます。
 

グリムロック付属の「ダイノボットエニグマ」は胸に配置されたグリムロックの口に接続できます。
 

スクランブル合体!!
ユナイトウォリアーズ同様手脚ロボは互いに交換可能!
しかしダイノボットは別の恐竜がモチーフというだけでそれ以外の色味などは統一されているため、あまり違いが見られませんね。
 

スラッシュと一緒に。
絡ませて遊ぶと他の合体戦士にはないほのぼのとした雰囲気を感じられます。
並べて良し、乗せてみても良し♪
 

 
『トランスフォーマー パワーオブザプライム』シリーズより、ダイノボット合体戦士ボルカニカスでした。
一挙に発売されたG1ダイノボットのリメイクはそれ単体でも素晴らしい出来栄えで舌を巻きましたが、それに加えてこの合体形態も唸る出来栄えです。
これまでの合体戦士とは異なる方向性のデザインは、ダイノボットに相応しい荒々しさを体現しているだけでなく、まだまだ新しいキャラクターを生み出せるんだというトランスフォーマーブランドの底力さえ感じさせます。

◆関連記事
「PP-04 ダイノボットスラッシュ」の商品レビューへ
「PP-11 ダイノボットスラッグ」の商品レビューへ
「PP-12 ダイノボットスワープ」の商品レビューへ
「PP-13 ダイノボットスナール」の商品レビューへ
「PP-14 ダイノボットスラージ」の商品レビューへ
「PP-15 グリムロック」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー パワーオブザプライム」商品レビューへ

パワーオブザプライムカテゴリの最新記事