「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

STARSCREAM/スタースクリーム(Transformers Generations:Power of the Primes/トランスフォーマー パワーオブザプライム):レビュー

STARSCREAM/スタースクリーム(Transformers Generations:Power of the Primes/トランスフォーマー パワーオブザプライム):レビュー
Advertisement

Power of the Primes STARSCREAM(スタースクリーム)

シリーズ:『Transformers Generations:Power of the Primes』
発売日:2018/07/28(国内版)
メーカー希望小売価格(税抜き):4800円(国内版)

※本商品は海外版です

今回はトランスフォーマー屈指の有名キャラ、ニューリーダーことスタースクリームをレビュー。
今回ボイジャークラスで発売というのも珍しいですが、デザイン自体これまでのイメージとは異なるマッシブさを秘めており中々に異色。
またCombiner Wars規格の合体機構を搭載しているため合体戦士のコアロボにも変形します。
コアロボ時はザ・ムービーの王冠を被ったフェイスなのが気が効いていて良いですね。

他の「トランスフォーマーパワーオブザプライム」商品レビューへ

 

パッケージ
最近の海外パッケージ同様基本色が黒のパッケージです。
表のスタスクのニヤケ顔に性格が良く表れておる。。
変形は11stepとかなり簡単め。
 

キャラクターカード
割り当てられた「プライム」は‟ネクサスプライム”。
最初の合体戦士と伝えらえる伝説のプライムなので、今回合体機構があるスタスクにはぴったりなチョイス。
 

 

ビークルモード
オリジナルジェットに変形!
ロボットのボディがそのまんまお腹に来ているのでかなり厚みがあります。
また両翼共にシールが多め。
シールがただ多いというだけでなく、キラキラ輝く激しい主張なのが何とも言えない。。
ここは好き嫌いが分かれるところだと思いますが、国内版でもおそらくこのまんまになりそうですねー。
 

機首の下からはランディングギアが展開します。
取り付け位置前過ぎ問題はありますが。。
 

付属武器は両翼に懸架したりロボットの肩部分に接続することが可能。
スタースクリーム用のナルビームと、合体戦士の足に変形する大型武器が付属しています。
 

Advertisement

 

ロボットモード
これまでのスタースクリームのイメージとは異なるマッシブボディですがこれはこれでカッコイイ!
ただ変形はどちゃくそ簡単。機体底部に畳まれたボディを展開するだけの簡単なお仕事です。
いくら合体モードがあるとはいえボイジャークラスでこれは賛否分かれそう。
 

顔周りのアップ。
顔はかなり小さめで、ボディと比較するとより小さく感じられます。
デザインはスタースクリームらしい黒ヘルメットのいつもの顔ですね。
 

可動域はお世辞にも広いとは言えず、腰の可動もありません。
変形の単純さを考えるとここはかなり残念ポイント。
ただ足の接地面は大きいので安定感は結構ありますね。
 

付属武器は色々な組み合わせで装備させることが出来ます。
G1デザインらしく腕にナルビームを単体でつけるも良し、合体武器と接続するのもボリューミーでカッコイイ。
 

エニグマ・オブ・コンビネーション
合体能力のコアになるパーツという設定で、スタースクリームには「シーカーズエニグマ」が付属しています。
外形は「Titans return(レジェンズ)」のヘッドマスターを踏襲していますが変形して人型になったりはしません。
 

合体用武器の空洞部分に接続可能。
まぁ一種のパワーアップ要素ですかね。武器の出力を上げる的な。
 

 

合体モード
「Combiner Wars(ユナイトウォリアーズ)」規格のコアロボに変形!
頭部はザ・ムービーの王冠を被った姿になっていますが胴体の形状は実写スタスクに似た逆三角形なのが面白い♪
 

COMBINE INTO NEW LEADER!!!
腕と脚は近場から適当に拝借。
手足パーツは今回の「Power of the Primes」規格のものを使用しています。
Combiner Warsから時間が経ったからなのか通常の変形に手を抜いているからなのか、まとまりが非常に良いです。
シーカーズエニグマは胸に、ナルビームは背面に接続可能です。
ちなみに、合体時の名称は特に決まっていません。
 

顔が上を向けるのがムチャクチャ良い!!
これだけでポージングの幅が段違いに広がります。
また足パーツはユナイトウォリアーズとは異なり、軸が設けられています。
胴体の安定感も高いので合体状態でも素立ち以外の色々なポーズを楽しめるのが素晴らしい!
 

 

「prime wars trilogy」の国内導入では見事皆勤を果たしたスタスク。
それも最後には遂にゴーストから蘇り、あまつさえ合体戦士のコアロボにまで。
一周回ってそろそろ正当リメイクのジェットロンも見てみたいですねー。

『Transformers Generations:Power of the Primes』シリーズより、Power of the Primes STARSCREAM(スタースクリーム)でした。
全身のシール処理がやっぱり残念で、変形させていると端から少しずつめくれてきてしまいます。
国内版の発売は今年7月ですが、「パワーオブザプライム」は仕様変更がないようなのでこの点もそのまま。
逆に言えば国内版を待たず気になった玩具を買えるとも言えますが…。。

今回のリメイクでは合体機構に重きが置かれており、単体での変形や可動に目新しさはあまりありません。
その代わりに合体形態は良く考えられており、同一規格の「Combiner Wars(ユナイトウォリアーズ)」のコアロボと比べても安定感がずば抜けているのが大きな魅力です。

他の「トランスフォーマー パワーオブザプライム」商品レビューへ

パワーオブザプライムカテゴリの最新記事