「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年中完了予定】

PP-22 テラーコンカットスロート(トランスフォーマー パワーオブザプライム):レビュー

PP-22 テラーコンカットスロート(トランスフォーマー パワーオブザプライム):レビュー
Advertisement

PP-22 テラーコンカットスロート

シリーズ:『トランスフォーマー パワーオブザプライム』
発売日:2018/08/25
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「パワーオブザプライム」からテラーコン部隊のカットスロートをレビュー。
怪鳥から変形するカットスロートは、同シリーズのダイノボット・スワープのパーシャルとしてリメイク!
そして他のテラーコン部隊と合体して合体兵士オボミナスに変形します!

◆関連記事
「PP-21 テラーコンリッパースナッパー」の商品レビューへ
「PP-23 テラーコンブロット」の商品レビューへ
「PP-24 テラーコンシナーツイン」の商品レビューへ
「PP-25 テラーコンハングルー」の商品レビューへ
「PP-21~25 オボミナス」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー パワーオブザプライム」商品レビューへ

 

パッケージ
海外版同様ブリスター形式のパッケージ。
 

キャラクターカード
割り当てられたプライムは“ネクサスプライム”。
プライムマスターは2019年1月発売予定の「スローンオブザプライム」に付属します。
 

 

ビーストモード
怪鳥に変形!
同シリーズのスワープのパーシャルで、頭部・翼・脚などかなりのパーツが新造されていますが、
特に下半身部分は独自のパーツ構成になっており、全体的にスワープより凶悪な印象に。
 

スタンドを使った飛行ポーズが良く決まる!
スワープよりも後ろ足が長くなったので獲物を狙うようなポージングがカッコイイ。
 

付属のプライムアーマーは背面に接続可能。
付属武器の銃もプライムアーマーに取り付ける形で本体に接続しておけます。
 

Advertisement

 

ロボットモード
細身な身体に大きな翼という点はスワープと同様ですが、各部の新造パーツやカラーリングの違いでちゃんと差別化されています。
 

顔周りのアップ。
首は左右に可動し、台座が変形の都合で手前に動くので上手くやればポージングに活かせそう。
 

スワープは嘴が長かったせいで腰を可動させるには頭部の接続を外さなければいけませんでしたが、カットスロートにその必要は無し。
全体の可動はスワープから引き継いで優秀。翼も可動するので飛行状態など様々なシーンを演出できます。
ただ個体差なのか、左脚の膝部分の接続ジョイントが緩いので動かしていると頻繁に外れてしまうのが少しストレスですね。
 

付属武器の二連装砲は旧玩具オマージュ。
ちょっと小振りですが、プライムアーマーもあるのでそこまで気にはならないかな。
 

プライムアーマーは胸部に接続可能!
いつも通りのギミックですが、飛行シーンで接続すると胸がより重そうに見える…。
 

 

合体戦士の腕と脚に変形!
パーツ配置はスワープと同じですが、特に腕形態の大きな翼と細い顔が特徴的ですね。
 

 
『トランスフォーマー パワーオブザプライム』シリーズより、PP-22 テラーコンカットスロートでした。
近年のトランスフォーマーの設計技術には度々驚かされますが、今回もそんな驚きを感じられる商品です。
特に下半身部分にスワープにはなかった長い脚が造形されたことで、ディセプティコンらしい刺々しさ、凶悪さが全身から漂うようになりました。

◆関連記事
「PP-21 テラーコンリッパースナッパー」の商品レビューへ
「PP-23 テラーコンブロット」の商品レビューへ
「PP-24 テラーコンシナーツイン」の商品レビューへ
「PP-25 テラーコンハングルー」の商品レビューへ
「PP-21~25 オボミナス」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー パワーオブザプライム」商品レビューへ

パワーオブザプライムカテゴリの最新記事