「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

PP-07 オートボットジャズ(トランスフォーマー パワーオブザプライム):レビュー

PP-07 オートボットジャズ(トランスフォーマー パワーオブザプライム):レビュー
Advertisement

PP-07 オートボットジャズ

シリーズ:『トランスフォーマー パワーオブザプライム』
発売日:2018/05/25
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「パワーオブザプライム」で合体戦士としてリメイクされたオートボット・ジャズをレビュー。
G1ジャズのリメイクといえばユナイテッド版以来となりますが、今回はただのリメイクに留まらず「ユナイトウォリアーズ(Combiner Wars)」規格の合体機構を搭載!

他の「トランスフォーマー パワーオブザプライム」商品レビューへ

 

パッケージ
「レジェンズ」では国内仕様のボックスタイプが主流でしたが、「パワーオブザプライム」は海外版と同一パッケージのためブリスター形式。
 

キャラクターカード
割り当てられたプライムは、“アルファトライオン”。
ちなみにプライムマスターは今年の10月に発売予定です。
 

 

ビークルモード
レーシングカーに変形!
G1ジャズはポルシェ・935ターボに変形しますが、今回のデザインはそのビークルをイメージさせるレーシングカー。
ウインドウのクリアパーツのディテールが細かく、近未来的な印象を抱かせます。
 

付属武器は専用銃とプライムアーマーの二つ。
後部天面のジョイントにプライムアーマーを、サイドウインドウ横のジョイントに専用銃を接続可能です。
 

Advertisement

 

ロボットモード
G1のイメージを忠実に再現したデザインが光る造形!
ユナイテッド版もカッコ良かったですが、アレンジで加えられていたウイングが今回は取り除かれており、よりアニメの再現度が増しています。

Combiner規格のデラックスクラス、特にカータイプのTFは上半身の変形がおざなりになりがちでしたが、今回のジャズではしっかり込み入った変形工程が加えられており、Combiner Warsからの進化を感じさせます。
合体ジョイントはこれまでのように胸にむき出しになることなく、ビークルのフロントが胸に配置される造形を実現しています。
 

顔周りのアップ。
ジャズ特有の青いバイザータイプのフェイスです。
突起が二つ頭からちょこんと飛び出ているのも劇中再現度が高いです。
 

Combiner規格のデラックスクラスの可動域の広さはこれまで様々な商品で体験してきましたが、このジャズはさらに一歩進んだ可動を誇ります。
まず腕や脚の可動はもちろんですが、背面のアーマーを少し動かすことで腰もしっかり回転します。
ここまでは他のCombiner規格と同様ですが、ジャズは変形の都合で上半身にも前後の可動を付けることが出来ます。
上半身の可動はパーツを外して動かすことで実現するため、少々見る角度は限定的になりますが、かなり躍動的なポージングもこれで可能になります。
 

専用銃はもちろん手に持たせられますが、プライムアーマーもちゃんと手に持たせることが可能。
また腕側面のジョイントを使って接続することも出来るので、高い可動域と併せて色々ポージングが捗りますね。
ただし、残念ながら肩が緩いのでプライムアーマーを構えての保持力は高くありません。
 

プライムアーマーを胸部に合体!
「パワーオブザプライム」デラックスクラスで共通のギミックですが、スラッグやスワープとは異なり、胸を覆う感じに接続することは出来ません。
そのせいで変に浮いた印象を抱いてしまうのが残念。
プライムアーマーの中心にはプライムマスターを変形させたスパークコアが接続可能。
スパークコア接続時に取り外したカバーパーツは銃に見立てて手に持たせることも出来ます。まぁ銃には正直見えませんがw
 

 

合体戦士の腕と脚に変形!
手パーツはプライムアーマーが変形しますが、足パーツは合体戦士のコアロボになるボイジャークラスに付属のものを使用します。
今回はスタスク付属のものを使用。
デザイン的にはどちらの形態も割とオーソドックスな仕上がりですが、実際に合体したときどういう印象を抱くかは、またコアロボ(エリータワン)のレビュー時に譲りたいと思います。
 

 
『トランスフォーマー パワーオブザプライム』シリーズより、PP-07 オートボットジャズでした。
Combiner規格のデラックスクラスは確かに変形・可動・造形全てに驚きがあったのですが、数も多くシリーズ後半では若干食傷気味に。
それに加え「パワーオブザプライム」でも続投という話を聞いた時は、「いい加減飽きたなぁ」というのが正直な感想でした。
しかし蓋を開けてみると、前述の通り変形・可動・造形全てがさらに一歩洗練されており、再び驚きを感じる出来に舌を巻きました!
特にこのジャズは、その進歩が特に顕著で、これは他のCombiner戦士と一緒に触っていると如実に感じることが出来ますね。

他の「トランスフォーマー パワーオブザプライム」商品レビューへ

パワーオブザプライムカテゴリの最新記事