「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

MB-13 ボーンクラッシャー(トランスフォーマー ムービー ザ ベスト):レビュー

MB-13 ボーンクラッシャー(トランスフォーマー ムービー ザ ベスト):レビュー
Advertisement

MB-13 ボーンクラッシャー

シリーズ:『トランスフォーマー ムービー ザ ベスト』
発売日:2018/02/24
メーカー希望小売価格(税抜き)3500円

今回はムービーザベストから発売されたボーンクラッシャーをレビュー。
ボーンクラッシャーといえば、実写一作目でオプティマスを狙うも手ひどい返り討ちにあったディセプティコンの兵士。
地雷除去車という珍しいビークル、そして奇抜なロボットのスタイルと、短い出演シーンながらも印象深いキャラでした。

他の「トランスフォーマー ムービー ザ ベスト」商品レビューへ

 

パッケージ
パケ絵のイラストは新規絵かなと思ったのですが、どうやら昔あった「トランスフォーマー ブースターゼロ」というカードゲームのイラストを流用しているよう。
 

 

ビークルモード
地雷除去車に変形!
大きなクローがフロントから生えているという他に類を見ないシルエットが特徴的で、実車の再現度も非常に高いです。
さらに今回の商品化では、側面に配置されたブルドックのシンボルがシールから印刷に変更されています!これはナイスな変更!
ただデラックスクラスなので他の実写TFと並べるとサイズ感が小振りな点、そしてウインドウ部分がクリアパーツではなく塗装な点は少し残念。
 

クローは長さがあるので動かすとかなりダイナミック!
ビッグ先生もこのとおり!劇中では進行を邪魔する一般車両をポイッ!と放り投げていました。
 

Advertisement

 

ロボットモード
長い腕に横幅のあるボディと異様さが目立つデザイン。
劇中再現度も一作目の玩具にしては非常に高く、ハイウェイをスケートのように滑走していたシーンが目に浮かびます。

変形はTLKのバーサーカーのように折り畳まれた上半身と下半身を開いていくのが基本になります。
難しい工程もないので簡単に長方形のビークルから異形のロボットへと変形させられるのは面白いですね。
 

顔周りのアップ。
顔も劇中再現度高し!
実写一作目のディセップの中では一番愛嬌ある顔なんじゃないでしょうか。
首は前に少し伸びるので、表情付けに役立ちます。
 

見た目の奇抜さに反して、可動は意外と優秀で、動かしたいポージングは大体取れると思います。
またただでさえ長い腕はさらに伸長させることが可能で、こうなると本当にクリーチャーですね。
 

背面のクローは変形させることで攻撃形態に!
長い両腕と長いクローがあることでデラックスクラスとは思えない程の迫力が!
 

 
『トランスフォーマー ムービー ザ ベスト』シリーズより、MB-13 ボーンクラッシャーでした。
「ムービーザベスト」の第二弾の中では個人的にジャズと共に注目していた商品で、かなり期待をしていたのですが、その期待通りに面白い商品でした。
ビークルのモチーフの独自性や、変形によって実写ならではの異形なボディが形成される点、伸びる腕に自在に動くクローと見所が非常に多くあります。

4月から展開が始まった実写玩具の新シリーズ「スタジオシリーズ」では、実写一作目のキャラも多くラインナップされています。
特にディセプティコンはスタースクリーム、ブラックアウトが発売され、今後ブロウルも発売予定。
今回のボンクラと合わせて実写一作目のディセプティコン軍団が続々集結するのは非常に楽しみ!

他の「トランスフォーマー ムービー ザ ベスト」商品レビューへ

ムービー ザ ベストカテゴリの最新記事