MB-EX アームガンバンブルビー(トランスフォーマー ムービー ザ ベスト):レビュー

MB-EX アームガンバンブルビー(トランスフォーマー ムービー ザ ベスト):レビュー
Advertisement

MB-EX アームガンバンブルビー

シリーズ:「トランスフォーマー ムービー ザ ベスト」
発売日:2019/03/23
メーカー希望小売価格(税抜き):2999円

今回は「ムービーザベスト」から、トイザらス限定で発売されたアームガンバンブルビーをレビュー。
「最後の騎士王」シリーズで発売された「TLK-01 バンブルビー」の一部リデコに、新規造形の武器・アームガンを付属した商品です。
リデコ元は「最後の騎士王」の商品ですが、カラーリングは劇場四作目『ロストエイジ』での姿を再現しており、付属武器のアームガンも『ロストエイジ』で使用した武器です。
何故、「最後の騎士王」の商品で『ロストエイジ』のバンブルビーを再現するのかについては後述!

他の「トランスフォーマー ムービー ザ ベスト」商品レビューへ

 

パッケージ
これまでパッケージ表にはキャラ絵が使われていましたが、今回は玩具の画像が使われています。
しかもただロボットモードの写真を使っているわけでなく、汚し塗装のような加工がされています。

さて、冒頭で触れた“何故、「最後の騎士王」の商品で『ロストエイジ』のバンブルビーを再現するのか”ですが、実は「TLK-01 バンブルビー」自体が『ロストエイジ』時期の玩具シリーズ「ムービーアドバンスド」で発売された「AD-27 バンブルビー」のリデコだからなんですね。
ではリデコ元は「TLK-01 バンブルビー」ではなく「AD-27 バンブルビー」ではないのかというとそうではなく、TLK版はAD版から頭部の造形が変更されており、今回はそのTLK版の型を利用しているので、あくまで元になったのはTLK版ということになります。
 

 

ビークルモード
シボレー・カマロに変形!
デザインは『ロストエイジ』に登場したカマロを忠実に再現しています。
AD版は持っていないのですが、公式画像等と比較してみると、バックライトやナンバープレートなど塗装が全体的に増えているようです。

また右側のドアの部分に分割線が増えており、これは今回新規造形されたアームガンを取り付けるためにリデコされた部分です。
このリデコ部分は周りのドアパーツと色味が異なっていて、浮いて見えてしまうのは残念ですね。
 

付属のディスク形状の武器はビークル底面に接続可能。
 

アームガンは写真の様に右手を露出させて装着させます。
単純に5mm穴を増設するのではなく、ビークルの造形を崩さないよう配慮されているのが良いですね。
 

近年発売されたカマロバンブルビーのビークルモードと。
左から実写一作目デザインの「SS-23 ラスティバンブルビー」、今回のアームガンバンブルビー、『最後の騎士王』デザインの「TLK-22 ニューバンブルビー」。
画像にはない映画のものも含め、作品ごとにデザインが異なり、黒の差し色のパターンも変化していっています。
 

「SS-02 ディセプティコンスティンガー」のビークルモードと。
KSIが開発しバンブルビー以上の性能を謳っていたため、『ロストエイジ』ではバンブルビーが一方的に敵視をしていました。
ロボットモードのデザインが共通だったこともあり、当時は「AD-27 バンブルビー」のカラーリングを変更し「AD-32 ディセプティコンスティンガー」として発売されました。
 

Advertisement

 

ロボットモード
『ロストエイジ』バンブルビーは他の映画での姿と比べると有機的で異色なデザインをしていますが、この姿をイメージしているのはこの型しかなく、ポイントを押さえたデザインで劇中再現度はそこそこ。
カラーリングはAD版とあまり変わりませんが、「ムービーアドバンスド」の時期は海外版をベースに重塗装が施されていたので、そもそも十分な塗装量になっています。

今回この型は初めて触ったのですが、変形工程が中々新鮮でした。
最近のバンブルビーは「TLK-22 ニューバンブルビー」の変形工程をベースにしたものばかりで新鮮味に欠けていたのですが、この型はTLK版やそれ以前のバンブルビー玩具とも異なる変形工程になっています。
工程数は少ないですが、ビークルのフロント部分を胸部のダミーパーツの奥に配置するなど、実際の変形を意識させる作りになっているのが良いですね。
 

顔周りのアップ。
『ロストエイジ』のデザインだと頭が黒いんですよね。
また頭部はマスクオンギミックがありますが、ちょっと緩くて暴発気味。
 

最近の「スタジオシリーズ」と比べれば制限的ですが、十分な可動域でポージングが可能です。
腰の回転や足首の左右軸はないですが、足の面積が大きいので結構ムチャなポージングをしても自立してくれます。
 

背面に接続していたディスク武器は手に持たせることが出来ます。
そういえばこの武器って結局劇中で使われることはなかったですね。
 

右手は回転させることでブラスターに。砲身部分が暗いシルバーに塗装されていて重厚感があります。
 

今回新規造形されたアームガンは、リデコで用意された右手のジョイントに接続可能。
そもそものハサミのような独特な形状に加え、劇中ではスティンガーを屠るのに使われたこともあって印象的な武器だったので、今回付属してくれたのは嬉しいポイントです。
 

近年の様々なバンブルビーのロボットモードと。
左上から『最後の騎士王』デザインの「TLK-22 ニューバンブルビー」、実写一作目デザインの「SS-23 ラスティバンブルビー」、スピンオフ映画『バンブルビー』デザインの「SS-16 バンブルビー」、『最後の騎士王』の回想で登場したWWⅡ時代のデザインの「SS-19 WWⅡバンブルビー」。
これまで本当に色々なデザインのバンブルビーが発売され、特に「スタジオシリーズ」では多くのリメイク商品が発売されてきました。
 

「SS-02 ディセプティコンスティンガー」のロボットモードと。
アームガンバンブルビーは胸部が完全ダミーパーツですが、スティンガーは変形で再現しており、同じデザインにも関わらず変形の方向性が全然違っていて面白いです。
アームガンの再現にも方向性の違いが出ていて、バンブルビーでは完全別パーツですが、スティンガーは一体変形になっています。
スティンガーはその分見立てに頼っている部分が大きいですが、これはこれで良く考えられていて素晴らしい。
 

 
「トランスフォーマー ムービー ザ ベスト」シリーズより、MB-EX アームガンバンブルビーでした。
『ロストエイジ』バンブルビーのリメイクとして元となった商品から塗装も増え、劇中で印象的だった武器も新たに付属し、正に“ムービーザベスト”のコンセプトに沿う仕上がりで、決定版的なアイテムになっています。
現行の「スタジオシリーズ」では何体もバンブルビーが発売されていますが、そちらはどれも似通った変形工程で、食傷気味になっている人にとっては新鮮な変形とデザインを楽しめるためそういった意味でもオススメです。

他の「トランスフォーマー ムービー ザ ベスト」商品レビューへ

ムービー ザ ベストカテゴリの最新記事