AD-24 ストレイフ(トランスフォーマー ムービーアドバンスド):レビュー

AD-24 ストレイフ(トランスフォーマー ムービーアドバンスド):レビュー

AD-24 ストレイフ

シリーズ:「トランスフォーマー ムービーアドバンスド」
発売日:2014/07/19
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「ムービーアドバンスド」シリーズから、実写映画第四作『ロストエイジ』にて登場したダイノボット軍団の一員、ストレイフをレビュー。
ストレイフはプテラノドンに変形するトランスフォーマーで、G1におけるスワープにあたるキャラクターです。
特徴的なボディデザインで、頭と尾が二つあるという今までのダイノボットにはない姿をしています。
劇中ではバンブルビーを背中に乗せて、最終決戦で活躍しました。

他の「トランスフォーマー ムービーアドバンスド」商品レビューへ

 

ダイノモード
双頭のプテラノドンに変形。
首と尻尾が二つある特徴的なデザインです。
 

翼は完全に広げると横幅が相当長くなります。
また畳むことも当然可能で、なんとなく翼竜が地上にいるときをイメージしたポージングをとらせることも出来ます。
 

首は二つとも自由に可動します。
変形用の関節を利用することで内側に首を曲げることも出来ます。
口も手動で開閉します。
 

武器としてボウガンが一つと剣が二つ付属しています。
それぞれダイノモード時でも接続することが出来るので余剰は出ません。
 

Advertisement

 

ロボットモード
『ロストエイジ』登場のダイノボットに共通する鎧騎士のモチーフがデザインに表れています。
溢れ出るカリスマ感からは、下手をするとボスキャラでもおかしくないような雰囲気を感じさせます。
 

顔周りのアップ。
騎士を思わせるカッコイイ顔の造形です。
首は左右に動き、また顎を引くような方向にも動きます。
 

腕の構造が特殊で、同シリーズのボイジャークラス・グリムロックもそうなのですが、少し扱い辛いかもしれません。
しかし腰や脚も自由に動くので問題なくポージングを決められます。
ビーストの翼をロボットモードでは畳んでいるのですが、当然広げることもできます。
こうするとより格好良さが際立ち、強敵感が増します。
 

付属武器の剣は手に持たせることが出来ます。
腕が特殊な構造をしているので、剣を持つとよりポージングに苦労する印象があります。
それでも大きな翼や元々のただモノではないカリスマ性を感じさせるデザインなどが手伝って、簡単にカッコ良い姿が決まりますね。
 

もう一つの武器がボウガンです。
同シリーズのダイノボットには剣などの武器が大体付属しているのですが、ストレイフはさらにボウガンも付属しており充実しています。
 

それぞれの武器はビーストモードの時と同じジョイントを利用してボディに固定することが出来ます。
 

 
「トランスフォーマー ムービーアドバンスド」シリーズより、AD-24 ストレイフでした。
何と言ってもロボットモードのデザインが異常にカッコ良いですね。
ダイノモードも劇中通りで、双頭のプテラノドンで仕上がっています。
武器も豊富に付属していて、そもそものデザインと相まってポージングが捗ります。
ただ変形が他のダイノボットと比べて簡単ではあるので、その点は気になる方は注意が必要かもしれません。
ちなみに実写映画十周年を記念した「ムービーザベスト」シリーズにもラインナップされており、こちらにはバンブルビーのミニフィギュアが付属します。

他の「トランスフォーマー ムービーアドバンスド」商品レビューへ

ムービーアドバンスドカテゴリの最新記事