AD-EX オプティマスプライム ラスティVer.(トランスフォーマー ムービーアドバンスド):レビュー

AD-EX オプティマスプライム ラスティVer.(トランスフォーマー ムービーアドバンスド):レビュー

AD-EX オプティマスプライム ラスティVer.

シリーズ:「トランスフォーマー ムービーアドバンスド」
発売日:2014/08/08
メーカー希望小売価格(税抜き):5000円

今回は「ムービーアドバンスド」シリーズからオプティマスプライム ラスティVer.をレビュー。
同シリーズの「AD-02 クラシックオプティマスプライム」をベースに、「ラスティVer.」と銘打つ通りの錆び付いたボディにカラーリングが変更されています。
映画第四作『ロストエイジ』序盤、墓場の風やロックダウンの追撃から逃れるために隠遁生活を送っていた際の姿を再現した商品で、トイザらス限定で発売されました。

他の「トランスフォーマー ムービーアドバンスド」商品レビューへ

 

ビークルモード
初代アニメ版コンボイ風のトレーラーキャブに変形!
『ロストエイジ』序盤、ケイドが廃品回収の過程で偶然出会った際のオプティマスのビークルを再現しています。
 

付属武器のイオンキャノンは天面や後部の5mmジョイントに接続することが出来ます。
天面に接続するのはちょっと悪目立ちですかね。
 

錆び付いた感じを表現するために頑張っているという印象を受けますね。
あまり汚くし過ぎても玩具としてどうかと思うので、このくらいが個人的には丁度良いです。
 

Advertisement

 

ロボットモード
「AD-02 クラシックオプティマスプライム」ではマスクオフの姿でしたが、こちらは頭部がリデコされておりマスクオンとなっています。
ボディカラーもビークルと同じく、劇中序盤の錆び付いた印象を思わせます。
ただ少し白みが強い気もしますね。

そしてこの型の大きな特徴は、変形の素晴らしさです。
特に上半身部分の変形はかなり良く計算されており、実写的な複雑な変形をこなします。
 

顔周りのアップ。
マスクオンの姿で、劇中再現度の高いデザインでまとまっていると思います。
頭の可動だけでなく、首も少し伸びるようになっているので自由に動かせます。
 

可動はかなり柔軟です。
腕脚共に特に可動の邪魔をするようなパーツもありません。
特に下半身の可動が優秀で、膝立ちも可能です。
また個人的に嬉しいのが、手首が動くという点。
関節も程よい硬さなのでヘタってしまうようなこともないです。
 

武器のイオンブラスターは手に持たせることが出来ます。
柔軟な可動に武器が華を添えるので、様々なポージングの表情付けが可能です。
ちなみにこの武器は、実写映画第三作『ダークサイド・ムーン』でメガトロンが使っていた銃と同じ造形になっており、「DD-01 メガトロン」に持たせることが出来ます。
 

 
「トランスフォーマー ムービーアドバンスド」シリーズより、トイザらス限定 オプティマスプライム ラスティVer.でした。
映画序盤、ケイドと出会った際のボロボロのオプティマスを見事に再現!
商品自体は「AD-02 クラシックオプティマスプライム」の頭部リデコ、リカラーとなっており、元の商品通り素晴らしい変形と可動をこなします。
頭部はマスクオン状態に変更され、「AD-02」よりもロボットモードの格好良さが際立っているように思えます。
またボディペイントもラスティ感を感じさせる出来となっており、映画序盤のオプティマスの姿を想起させるものになっています。

他の「トランスフォーマー ムービーアドバンスド」商品レビューへ

ムービーアドバンスドカテゴリの最新記事