「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

DD-02 スタースクリーム(トランスフォーマー メックテック):レビュー

DD-02 スタースクリーム(トランスフォーマー メックテック):レビュー
Advertisement

DD-02 スタースクリーム

シリーズ:『トランスフォーマー メックテック』
発売日:2011/05/14
メーカー希望小売価格(税抜き):2600円

今回は「メックテック」シリーズからスタースクリームをレビュー。
実写映画では一作目から登場しているディセプティコンのNo.2、スタースクリームです。
毎度のリメイクでノウハウが蓄積しているのか、出来は非常に良く、可動・変形共に素晴らしいです。

他の「トランスフォーマー メックテック」商品レビューへ

 

ビークルモード
ジェット機(おなじみF-22ラプター)に変形!
謎のタトゥーが機体に施されていますが、これは二作目以降のスタースクリームのデザインを踏襲しています。
全然Robots in disguiseになっていない。。
それはさておき、劇中再現度は流石で、玩具としてもかっちりとした印象を受けます。
 

ランディングギアは三点。
それぞれ畳むことが出来ます。
割とデザインも細かくて良いですね。
 

二丁の銃が付属しており、両翼裏のジョイントに接続することが出来ます。
 

Advertisement

 

ロボットモード
実写版の異様なデザインを上手く再現できていると思います。
ランディングギアが踵になる鳥足のデザインが個人的には秀逸に感じます。
 

顔周りのアップ。
顔は左右に可動します。
 

全身の可動は想像以上に柔軟。
鳥足の扱いに苦労するかとも思ったのですが、そんなことはなく、むしろ接地がしっかりしているので大胆なポージングが決められます。
 

なんとなくゴマをすっているイメージ。
実写版でも回数を重ねるごとにゴマすり野郎の本性が露わになっていった印象があります。
一作目のスタースクリームは純粋にカッコよかったんですけど、まぁ、らしいっちゃらしいです。
 

付属武器の二丁銃は腕のジョイントに接続させることが出来ます。
単体でも大きな武器ですが、接続して腕がへたるようなことはありませんでした。
 

この「メックテックシリーズ」の目玉ギミック・メックテックウエポン。
二丁の銃を合体させることで、ツインナルレイブレードになります。
この状態でも腕のジョイントに接続させることが出来ます。
何より非常に大きな武器なので、はったりの効いたポージングに貢献しますね。
 

おまけ。
なんちゃってガウォーク。
一応手足は出ているのでそれっぽいですかね?
 

 
『トランスフォーマー メックテック』シリーズより、DD-02 スタースクリームでした。
デラックスクラスでの初玩具化となりましたが、スタースクリームの特徴をしっかりと取り込み、適度に複雑な変形と柔軟な可動も実現した素晴らしい一品に仕上がっていると感じます。
また本品の変形機構を踏襲して、ボイジャークラスにクラスアップさせた商品が「スタジオシリーズ」から発売されました!
実写一作目の姿をイメージしてタトゥーを除いた「SS-06 スタースクリーム」は既に発売されていますが、二作目リベンジをイメージしたタトゥー有のバージョンも「SS-18 スタースクリーム」として発売が決定しています!

他の「トランスフォーマー メックテック」商品レビューへ

メックテックカテゴリの最新記事