DA-10 オートボットトップスピン(トランスフォーマー メックテック):レビュー

DA-10 オートボットトップスピン(トランスフォーマー メックテック):レビュー
Advertisement

DA-10 オートボットトップスピン

シリーズ:「トランスフォーマー メックテック」
発売日:2011/05/14
メーカー希望小売価格(税抜き):2600円

今回は「メックテック」シリーズから、トップスピンをレビュー。
実写映画第三作『ダークサイド・ムーン』に登場したオートボットの荒くれチーム「レッカーズ」の一員。
ドレッドヘアの頭部や、武装車両に改造されたシボレー・インパラのビークルなど奇抜な特徴を有しています。
劇中では、ロードバスター、レッドフットのレッカーズ仲間と共にシカゴでの最終決戦に参加しました。

他の「トランスフォーマー メックテック」商品レビューへ

 

ビークルモード
ナスカー仕様のシボレー・インパラをベースとした改造車に変形!
トランスフォーマーで改造車がビークルになるケースは非常に珍しいかと思います。
造形も細かく、改造車らしいトゲトゲとした印象を受けます。
 

車体の側面と天面に配置された銃口は回転させることが出来ます。
変形の都合でもあるのですが、固定されていないのは嬉しいですね。
ビークルでの表情付けに貢献します。
 

メックテック武器「ヒートコンバットクロー」はボンネット上のジョイントに接続することが出来ます。
 

またこの武器は手動でレバーを引くと、連動して銃口が縮み、クローが動くギミックがあります。
残念ながら固定はできませんが、触っていて面白いギミックです。
 

Advertisement

 

ロボットモード
すらっとしたヒーロー体型に加えて、両肩の武装が武骨感を高めるカッコいいデザインだと思います。
また変形も程よい手応えで面白いです。
個人的には脚の変形が単純ながら大胆なパーツ移動で好みですね。
 

顔周りのアップ。
やっぱりドレッドヘアが強烈な顔のデザイン。
集光ギミックは活きており、ボールジョイントで首は柔軟に動きます。
 

両手は一見ハサミ状に見えますがそうではなく、人型の手の甲にハサミが付いているデザインになっています。
またこのハサミは手動で開閉するようになっています。
 

全身の可動は柔軟です。
特に足首が内側にも動くので、接地も安定していると思います。
 

両肩の武器ユニットは前に倒すことで銃口を正面に向けることが出来ます。
全体の情報量が多いので様々なポージングを楽しめます。
 

付属のメックテック武器は腕のジョイントに接続させることが出来ます。
両肩のユニット含め、武器が豊富なのでハッタリの効いたポーズが決まります。
 

もちろんロボットモードでも武器は手動で動かせます。
固定は出来ないので、どうしても!という場合はテープや輪ゴムなどを使うしかなさそうですね。
 

 
「トランスフォーマー メックテック」シリーズより、DA-10 オートボットトップスピンでした。
ロボットモードだけでなくビークルモードでも豊富な武器を楽しめるトランスフォーマーは珍しいのではないかと思います。
それだけでなく、変形の面白さ、ロボットのプロポーションの良さ、柔軟な可動域など見所が満載です。
ここまでくるとドレッドヘアもカッコよく見えてくる不思議。
個人的には「ムービーザベスト」シリーズで再販されても良かったくらいの出来の良さだと感じます。

他の「トランスフォーマー メックテック」商品レビューへ

メックテックカテゴリの最新記事