MP-39 サンストリーカー(トランスフォーマー マスターピース):レビュー

MP-39 サンストリーカー(トランスフォーマー マスターピース):レビュー
Advertisement

MP-39 サンストリーカー

シリーズ:『トランスフォーマー マスターピース』
発売日:2017/12/28
メーカー希望小売価格(税抜き):12000円

今回は「マスターピース」シリーズからサンストリーカーをレビュー。
太陽を思わせる特徴的なカラーリングのランボルギーニに変形する人気戦士、遂に待望のMP化!
彼の代名詞ともいえる改造仕様のビークルはもちろん、通常のカウンタックにも変形するアレンジや、天才少年チップのフィギュアを始めとする充実した付属品などワンパッケージで様々な遊びを楽しめる高いプレイバリューを秘めています。

◆関連記事
「MP-12+ ランボル」の商品レビューへ
「MP-14+ アラート(アニメカラーエディション)」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー マスターピース」商品レビューへ

 

パッケージ
いつものマスターピース特有のデザイン。
表のロボットモードの写真はG1玩具のパケ絵と同様のポージングとなっています。
 

説明書とキャラクターカード
キャラクターカードは今回から安國一将氏の担当になりました!
トランスフォーマーはもちろん、メトロイド関連の絵など見ていて惚れ惚れする綺麗な絵を描かれる方なので今後も注目ですね。
また、予備のサイドミラーも付属しています。
 

 

ビークルモード
「ランボルギーニカウンタックLP500S」に改造を施した「スーパーカウンタック」に変形!
ランボルやアラートと同じモチーフのビークルですが、電子推進ブースターをリアに備えたカスタムカー仕様。
リアウィングやブースターはメッキ塗装が施されているので高級感があります。
実写ロックダウンやホットロッドのような最近のランボルギーニもカッコイイですが、カウンタックも全然負けてないです。
カウンタック特有の車高が低くなだらかな傾斜のフロントがスマートですね。
 

またアニメのカスタムカースタイル以外に、通常のカーモデルへ差し替えなしの完全変形をします。
 

「MP-12+ ランボル」とビークルで比較。
変形工程の違いやカスタムカーモデルの存在があるにも関わらず、一見して同じ玩具の色違いとしか思えないのが凄いですね。
ビークルの再現にも手を抜かないという開発者の意地を感じます。
 

トランスフォーマー玩具としては珍しく、ボンネット、格納式前照灯、両サイドのドアが開閉します。
「MPM-03 バンブルビー」も一応扉が開閉しましたが、あっちは余計なパーツがくっついてくる微妙な感じだったのに対してサンストリーカーは完璧ですね。
一般に「シザードア」と呼ばれる特徴的な縦開きの構造を再現しています。
 

スーパーカウンタックモードでは、リアウィングを回転し「対空レーザー砲」を展開させることが出来ます。
細かいところからネタを拾ってきますねー。
 

付属武器のエレクトロン・パルスガンは折り畳んで車内に格納可能。
もう一つの付属武器・フレアーガンはスーパーカウンタックモードのときのみですが、車体の天面、ブースターの間に接続可能です。
 

Advertisement

 

ロボットモード
造形はまさに完璧!
スラっとしたボディから背面のゴテッとしたブースターなど遂に思い描いていたサンストリーカーが手元にやってきたという感想です。

今回の変形のキーワードは“裏返し”。
ボンネット部分やブースター部分など「裏返す」ことで変形を大きく推し進める工程が手触りの楽しさを演出しています。
ただ少しコマゴマとしたパーツ移動も多いため、難易度はマスターピースの中でもかなり高めです。
もちろん慣れてしまえばそれほど苦ではないのですが、変形があまり得意ではないという方にはオススメ出来ないのが歯がゆい。
 

顔周りのアップ。
情報が公開された当初は少し顔に違和感があったのですが、実際に手に取ってみると個人的にはあまり気になりません。
首はボールジョイントで、接続されている台座が前に引き出せる構造になっているので首の可動はかなり優秀です。
 

交換用フェイスパーツが2種類(笑顔、叫び顔)付属し、通常フェイスと併せて3種類の表情を楽しめます。
 

とにかく単体での可動域がメチャクチャ優秀で思い思いのポージングを楽しめます。
腰の可動や足首の可動はもはや当然レベルでこなしますし、肩が前方向に動くため従来のマスターピース以上に腕の動きがえげつない!!
さらに腰は左右方向だけでなく前後方向にも動くのがポージングの幅を広げることに地味に効いています。
 

「どーもお待たせ!輝くスター登場!!」
トランスフォーマー第45話『ホイスト ハリウッドへ行く』で撮影のために付けられた「悪い宇宙ロボットのお面」が付属。
当初はなんでこんな付属品にGOが出たんだとかなり眉をひそめていたのですが、これが実際手にすると楽しくて仕方ない…!!完全に手のひらクルーです。
圧倒的な可動域の広さと片足立ちも余裕なバランス感覚との親和性が抜群です。
 

付属武器はフレアーガンとエレクトロン・パルスガン。
フレアーガンもパルスガンも手の平のジョイントに接続する形で手に持たせることが可能です。
フレアーガンはランボルの手持ち武器と同名で、造形もかなり似ています。
 

エレクトロン・パルスガンは折り畳むことで脚部に格納することが可能。
武器を背面に接続させることが出来る商品は多いですが、こういった形で体内に収納するケースは結構珍しいですね。
フレアーガンは背面のジョイントに接続可能です。
 

車椅子に乗る天才少年チップ・チェイス
本人だけでなく車椅子のミニフィギュアも付属します。
 

余談ですが、車椅子パーツは「レジェンズ」のヘッドマスターやターゲットマスターと絡めると丁度いいサイズ感です。
 

「MP-12+ ランボル」とロボットモードで比較。
2012年にランボルがマスターピース化されてから5年の歳月を経て遂にこの二体が揃いました。
どちらも名品ですがこの二体を触るとその進化を見せつけられます。
確かに変形難度は格段に上がっていますが、一つの商品に込めるギミックの多さ、その辺のフィギュアでは太刀打ちできないロボットモードの可動の柔軟さはマスターピース本来のアイデンティティの正当進化を感じさせます。
一体どこまで進化するのか、これからも楽しみです。
 

 
『トランスフォーマー マスターピース』シリーズより、MP-39 サンストリーカーでした。
今回特に驚いたのは、ビークルの完成度の高さとロボットの可動域の広さという二点ですね。
ビークルの造形の再現はこれまでのマスターピースでもレベルの高いものを実現してきましたが、今回はそれをさらに一歩推し進めて、ドアやボンネット、格納式前照灯の開閉まで再現しています。
単純に「車のフィギュア」としてもより高いレベルに仕上がっているのは大きな驚きでした。

そしてロボットモードはこれまでのマスターピースと比較しても抜きんでる可動域の高さが特徴的です。
前後方向に動く肩からくる柔軟な腕の可動、左右のみならず前後にも動く腰、台座が前に動くことで真上も向ける首の可動がポージングにかなり効いています。

◆関連記事
「MP-12+ ランボル」の商品レビューへ
「MP-14+ アラート(アニメカラーエディション)」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー マスターピース」商品レビューへ

マスターピースカテゴリの最新記事