「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

MP-29 レーザーウェーブ(トランスフォーマー マスターピース):レビュー

MP-29 レーザーウェーブ(トランスフォーマー マスターピース):レビュー
Advertisement

MP-29 レーザーウェーブ

シリーズ:『トランスフォーマー マスターピース』
発売日:2016/03/31
メーカー希望小売価格(税抜き):16800円

今回は「マスターピース」化されたデストロンの優秀な幹部・防衛参謀レーザーウェーブをレビュー。
初代アニメではメガトロンがセイバートロン星を旅立った後も、忠を尽くして惑星の支配を続けた兵士です。
本品では、モノアイの顔、腕のガン、張り出した胸の造形など特徴的なデザインで構成されているレーザーウェーブが完全再現されています。

他の「トランスフォーマー マスターピース」商品へ

 

パッケージ
マスターピースには珍しい縦長のパッケージ。
ガンモードの状態で梱包されています。
気になるのは商品名。
他のマスターピースは戦士名だけなのですが、このレーザーウェーブは肩書き込みの名称になっています。
商標の問題のような、そのまま使えない事情があったんですかね?
 

 

ガンモード
レーザーウェーブはビークルには変形せず、レーザーバルカンに変形します。
さらにディスプレイ用のスタンドも付属。
ただ銃後部やグリップ背面がスカスカなのが残念!
 

手でしっかりと握れるサイズ感!
引き金部分はクリアランスが少しきついですが、人差し指を掛けられます。
 

引き金を引くと銃口が発光!
単四電池2本をセットすることで発光ギミックを楽しめます。
また発光のパターンは2種類用意されており、銃側部のスイッチを切り替えることでそれぞれを選択できます。
 

Advertisement

 

ロボットモード
レーザーウェーブの特徴をしっかりと再現。
とくにアニメ再現という意味では良く出来ています。
ただ少し脚が細いのと、ディテール感の少なさは残念で、人によっては物足りなさを感じてしまうかも。
変形難易度はマスターピースにしては低め。
下半身形成に少しステップがあるくらいですので、変形に気負うことはないですね。
脚周りが細いのが気になると書きましたが、それでも脚回りの形成、特にボリューム感の演出は良く練られています。
銃後部とグリップ部分が分かれて結合するという面白い変形を見せてくれます。
 

顔周りのアップ。
モノアイは集光ギミック付きで、光を当てると怪しく光ります。
首はボールジョイントで、変形で首下のパーツを引き出すときによく取れてしまうという難点が。
というかこのパーツを首に負荷をかけずに固定する方法があれば教えてほしいです。。
 

変形の都合で腕が90度以上に上がるなど、可動は優秀。
しかし個体差なのか股が少し緩く、特に横方向に自重で動いてしまうことがあります。
あと腹のシャッターが動かしていると頻繁に開いてしまいます。
 

左腕のスイッチを押すと、ボタン電池で発光します。
ボタン電池の種類はLR44です。
 

手首は簡単に外すことが可能で、他の手首パーツに差し替えが出来ます。
 

付属の差し替えパーツ
非常に豊富な種類が用意されています。
写真一番奥が、クリアバージョンのバレル。
中央左がクリアバージョンの敬礼用右手、右が通常バージョンの敬礼用右手。
手前左がクリアバージョンの右手、右が通常バージョンの左手です。
 

両手とも通常の手のパーツに。
これ手の発光ギミックがなければ、腕内に収納して変形でチェンジ出来たんでしょうね。
 

両手ともクリアバージョンに。
旧玩具再現ということですが、個人的にはあまり必要性は感じないですかね。
発光させると確かに綺麗ではあります。
 

そして一番存在が謎なのが、この敬礼用のパーツです。
指の関節を増やせばそれで…と思ってしまいますし、旧玩具リスペクトのためのクリアバージョンまで用意する必要があったのかは疑問です。
 

「MP-36 メガトロン」と。
メガトロンとならば統一感がありますが、他の三幹部と並べるとディテールの差で違和感が出そうですね。
 

旧玩具リスペクトモード
腕を180度回転させ、手首をクリアバージョンに。
さらにガンモードのディスプレイ用パーツをバックパックとして装着させます。
 

・・・このモードの需要ってどの程度なんでしょうかね…?
クリアバージョンの手首は、発光ギミックを際立出せるためにバレルのみ付属、バックパックはオミット、でも別に良かった気がしないでもないです。
 

付属武器のレーザーバルカン
レーザーウェーブのガンモードと同じデザインをしていますが、実際に劇中で本人が使っていた物です。
 

「本人がガンモードになり、他の兵士が使っている」という設定にも使えますね。
大きさの概念を取り払うのだ!!
 

 
『トランスフォーマー マスターピース』シリーズより、MP-29 レーザーウェーブでした。
マスターピースらしく、単体での変形や可動は素晴らしい仕上がりです。
特に脚の変形はボリューム感を演出するために工夫が凝らされています。

ただ色々と残念な点があるのも事実なんですよねー。
例えば、ボディのカラーリング。
アニメのイメージ再現を目指して製品化がされている筈ですが、アニメよりも淡い紫になっています。
そして情報量の少ないボディデザイン。
単一のカラーリングと併せて、全体の物足りなさを助長してしまっているように感じます。
ただデザインの簡素さは、アイアンハイド以降アニメデザインの再現を目的としているので仕方ないとも言えますが。
またシールでのデストロンのインシグニアの再現が、マスターピースとしての高級感を損なわせています。
これ印刷じゃできなかったのか?とか、別にこれまで通りのインシグニアのデザインだけで良いんだけど、とか考えてしまいます。
まぁ後続のMP-36 メガトロンでは胸のインシグニアがアニメ版になっているので、統一感?なにそれ?状態ですけどね。
色々と不満点をあげつらってしまいましたが、玩具としてはしっかりとマスターピースらしいリメイクになっていると思います。

さらに2018年の11月には、アニメカラー版の「+」がタカラトミーモール限定で発売されることが決定しました!
(ただし定価が20000円と3000円以上もアップアップしてしまっていますが…)

他の「トランスフォーマー マスターピース」商品へ

マスターピースカテゴリの最新記事