「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年中完了予定】

MP-33 インフェルノ(トランスフォーマー マスターピース):レビュー

MP-33 インフェルノ(トランスフォーマー マスターピース):レビュー
Advertisement

MP-33 インフェルノ

シリーズ:『トランスフォーマー マスターピース』
発売日:2016/11/26
メーカー希望小売価格(税抜き):14000円

今回は「マスターピース」からサイバトロンの救助員・インフェルノをレビュー。
アニメ劇中イメージの再現に重きが置かれているようで、ロボットモードはまさにアニメから飛び出してきたような出来栄え。
アラートとのコンビで語られることが多いですが、実際本品でも多くの付属品に加えて「マスターピース」アラートと絡ませた遊びを想定したパーツが付属しています。

他の「トランスフォーマー マスターピース」商品レビューへ

 

パッケージ
お馴染みの高級感あるマスターピース共通デザインです。
ビークルが三菱ふそうT951ベースということで、ライセンス許諾を表わすFUSOのロゴがプリントされています。
 

説明書、キャラクターカード、そしてマーキングシールが付属しています。
マーキングシールは、初代玩具を再現したシールや予備のインシグニアなどが含まれています。
個人的にはシールが好きではないので、使うことはないかなー。
 

 

ビークルモード
T951型大型トラックシャーシの消防自動車仕様に変形!
ライセンスの取得こそされていますが、「では消防車の立体物として忠実な再現がなされているか?」というと微妙ですね。
ロボットモードと共に、アニメ内での姿を再現する方向に舵を切って設計されているようです。
なので他のマスターピースのビークルと並べると浮いてしまうかもしれません。
 

付属武器の消火ライフルは、ロボット時の両腕パーツの間に接続しておくことが出来ます。
 

ビークルのルーフ部分を開けることで、中に接続することも出来ます。
 

車体側面のアウトリガーは引き出すことが可能です。
また引き出した後に底部のパーツを下方向に伸長することが出来る二段構え!
 

ビークルの梯子は、縦方向に角度が付けられますし、自在に伸縮もします。
ただ横方向への可動がない点、最大長が少し短い点は残念ですね。
まぁ変形の都合などを考えるとこれは仕方ないのかなとも思えます。
 

梯子の先端からは、放水用のノズルが展開します。
梯子に沿わした形と梯子の中を通した形の二通りのパターンで展開できます。
 

付属の放水エフェクトをノズル先端に接続することで、消火活動を再現できます。
なんかマシンロボレスキューを思い出すなぁ。
 

Advertisement

 

ロボットモード
変形はマスターピースにしてはそれほど複雑ではない印象。
難しいステップもないのでストレスなく変形できると思います。
また長い梯子がどんどん畳まれていき、ボディ内に収納される過程は爽快感がありますね。

ロボットモードのデザインはアニメ風にかなり舵を切っています。
細かい造形なども特にないので、MP-10 コンボイなどと並べると違和感が出そうです。
 

顔周りのアップ。
顔が収まっている箱ごと左右に動きます。
顔自体もボールジョイントなので充実した可動を誇ります!
 

全体的にガシガシ自由なポージングが付けられます。
まさにマスターピースの面目躍如といった感じ。
接地もしっかりしているので、グラつくようなことはそうそうありません。
 

右手はバレルから通常の拳に変更できます。
差し替えというわけではなく、腕の中に収納されているものを展開する形です。
 

左腕には、後述しますが通信機が収納されているため、左手をバレルに変更することは出来ません。
 

交換用の頭部とフェイスが付属。
頭部は二種類(角型、丸型)、そしてそれぞれ専用のフェイスが二つずつ付属しています。
これにより、アニメ劇中で大きく二種類存在した頭部デザインのどちらも再現することが出来ます。
フェイスは角型用では通常と叫び、丸型用では通常と笑顔にそれぞれ変更可能です。
 

付属の消火ライフルは、掌のジョイントに接続する「マスターピース持ち」で保持力高く持たせることが出来ます。
 

消火ライフルは背中に取り付けることも出来ます。
 

放水エフェクトはビークルのみではなくロボット時にも使用できます。
消火ライフルや右手のバレルの先端に接続することで消火活動を演出できます。
 

消防ホースのパーツも付属しており、こちらの先端にも放水エフェクトを接続させることが出来ます。
 

またこの消防ホースは先端を開くことで、ロボットホースに早変わりします!
ロボットホースとは、初代アニメ51話「ターゲットはコンボイ」において、火災中のビルに飛び込むインフェルノを襲ったチャムリー卿の兵器のことですね。
 

左腕の中には通信機が二台セットされており、取り外すことで腕のジョイントに接続することが出来ます。
チャムリー卿のロボットホースに襲われた際にこの通信機でコンボイと連絡を取ろうとしていました。
 

交換用のアニメ版グリルとバレルも付属しています。
 

 

ということでグリルとバレル、ついでに頭部も変更してみました。
 

よりアニメっぽさが増すのですが、どうせなら顔横の放水銃も白いものを用意してもらえれば統一感がさらに増したんですけどね。
 

そして正直個人的に謎なアラート保持用グリル。
アニメでのアラートを抱えるシーンが再現できるようです。
ただ私はアラートを持っていないので、いつか手に入れたときに画像を差し替えたいと思います。
まぁアラートと同型の他の商品も乗せられるのでしょうが、せっかく「アラート保持用」なので、アラートが手に入るのを待ちたいと思います。
 

 

豊富な付属パーツに差し替えパーツ、そして柔軟過ぎる可動でポージングが捗りますね。
 

 
『トランスフォーマー マスターピース』シリーズより、MP-33 インフェルノでした。
物自体の出来は非常に良いと思います。
初出の情報を見たときは、変形が相当込み入ったものになりそうだな~と思っていたのですが、そんな予想は軽く裏切ってくれました。
手軽で分かりやすい変形工程に加えて、パタパタと折れて畳まれていく梯子の処理にはかなりの驚きと小気味良さあります。

またアニメ劇中の再現、という点においてはまさに決定版!
ただこれまでのマスターピースの設計思想からは少し変化が生じていまして(トラックス辺りからですかね?)、他の商品と並べると違和感を感じてしまうかもしれません。
マスターピースも長い歴史の中で、再び変化の兆しが現れているといった感じですね。

他の「トランスフォーマー マスターピース」商品レビューへ

マスターピースカテゴリの最新記事