「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

LG-16 スリップストリーム(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー

LG-16 スリップストリーム(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー
Advertisement

LG-16 スリップストリーム

シリーズ:『トランスフォーマー レジェンズ』
発売日:2015/10/24
メーカー希望小売価格(税抜き):3100円

今回は「レジェンズ」からスリップストリームをレビュー。
ジェットストリームは「トランスフォーマー アニメイテッド」から登場したジェットロン初のウーマン戦士。
「レジェンズ」シリーズで発売されたウインドブレードのリデコとして、レジェンズオリジナルの商品化がされました。
女性型のディセップは数が非常に少ないので、例えリデコでもしっかりとした造形で商品化してくれるのはとてもありがたい!

◆関連記事
「LG-12 ウインドブレード」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

 

パッケージ
レジェンズシリーズとして発売された他のウーマン戦士と統一されたボックス。
表のパケ絵は可愛らしい仕上がりで良いですね。
 

 

ビークルモード
VTOL機に変形!
元がウインドブレードなので、ビークルも同じです。
アニメイテッドでは普通のジェット機でしたが、個人的にはあまり違和感は感じません。

ウインドブレードで剣の鞘になっていたパーツが付属していないので、その分ビークルのボリューム感は下がってしまっていますね。
 

ウインドブレード同様主翼のローターは可動します。
クリアパーツのファンの色味が非常に綺麗。
 

ウインドブレードには付いていなかった両腕の銃パーツ。
ビークルではロボットの時と逆向きに装着させます。
向きの変え方が「取り外すして反転」なので、変形の時もここだけパーツを外さなけばいけなく、そこが気になる方もいるかもしれません。
 

Advertisement

 

ロボットモード
細身で華奢な女性らしいライン取りが見事!
頭部と胸部をリデコしたことで、元のウインドブレードとも差別化が図れています。
 

顔周りのアップ。
不敵な笑みをこぼす表情がいかにもスリップストリームらしい。
スリップストリームはキャノピーが胸にくるデザインなので、胸部をキャノピーのダミーパーツに新しくデザインしなおすことで見事に再現しています。
 

とにかく細い腕やくびれのある腰回りなど、これまでのトランスフォーマーでは考えられないような造形をしていますねー。
腰や手首も回るので可動も結構優秀。

ただ足がハイヒールなので接地面積が非常に小さく、ウインドブレードと同じで立たせにくい印象。
しかし踵部分のパーツがウインドブレードよりは渋みがあるので、あちらほどストレスは溜まらないですね。まぁ個体差かもですが。

武器は両腕の銃のみなので、刀と鉄扇が付属していたウインドブレードよりはプレイバリューは落ちるかもしれません。
 

 
『トランスフォーマー レジェンズ』シリーズより、LG-16 スリップストリームでした。
「レジェンズ」シリーズはウーマン戦士が豊作で、ディセップだけ見てもスリップストリーム、ブラックウィドー、ナイトバードと続々発売されています。
リデコでの実現ばかりですが、昨今のリデコ技術やアイデアはかなり洗練されてきているので、買い手としても「どこをどうリデコしたんだ!?」という新しい驚きが得られるほど!
スリップストリームもリデコ元のウインドブレードと、特にロボットモードで比較するとしっかり差別化されていることが了解できます。

◆関連記事
「LG-12 ウインドブレード」の商品レビューへ

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

レジェンズカテゴリの最新記事