「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

LG-56 パーセプター(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー

LG-56 パーセプター(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー
Advertisement

LG-56 パーセプター

シリーズ:『トランスフォーマー レジェンズ』
発売日:2017/12/28
メーカー希望小売価格(税抜き):4000円

今回は「レジェンズ」からパーセプターをレビュー。
G1の人気キャラ・科学者パーセプターがヘッドマスターとなってリメイク!
G1同様の顕微鏡モードも健在で、ビークルから変形する他のトランスフォーマーとは違った魅力があります。
またミニビークルも付属しておりプレイバリューの高いセットボックスとしてまとまっています。

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

 

パッケージ
「レジェンズ」のデラックスクラスには珍しい縦長のパッケージに顕微鏡モードで収められており、かなり厚みがあります。
 

 

オルトモード
G1同様、顕微鏡に変形!
「ユナイテッド」でリメイクされたときは後輪がキャタピラの大型車に変形していたので、G1準拠の待望のリメイクですね!
 

ヘッドマスター
塗装を見るに、ちっちゃいパーセプターといった感じ。
海外版ではボディが真っ黒だったので国内版の重塗装っぷりが際立ちます。
 

ヘッドマスターは顕微鏡のステージに寝かせることが出来ます。
こうするとヘッドマスターのモルモット感が凄いw
またヘッドモードでもステージと接続することが出来ます。かなり異様な光景ですがw
 

顕微鏡の鏡筒に付いたネジを回すことで対物レンズが動作するヒジョーに細かいギミックがあります。
 

ミニビークル・アムホーン(ビーストモード)
G1のカセットボット・アムホーンをイメージさせるサイ型のドローンです。
 

変形することで戦車モードに!
ヘッドマスターを後部に載せることが出来ます。
またミニビークルは、後述する武器モードにさらに変形します。
サイの頭がパタパタ変形して戦車の上部を構成したりと意外と変形が凝っています。
 

 

特に言及はありませんが、パーセプターは戦車モードに変形させることが出来ます。
これ国内版はもちろん、海外版でも表立って言及されていないんですよねー。
一応付属コミックでは触れていますが、説明書には記載なし。
しかしちゃんとそれっぽく変形させることが可能ですし、明らかにそれ用のパーツや、キャタピラのモールド、底面の車輪があります。
 

普通にトリプルチェンジャーとして触れ込んでも良かったと思うんですけどね。少し謎。
戦車モードの上にヘッドマスターを立たせられそうなのですが、ちょっと私は上手く出来ませんでした。。
やり方の分かる方いらっしゃいましたら教えて欲しいです。。
 

Advertisement

 

ロボットモード
純粋に、愚直に、正統派なリメイクデザインですね。
まさにパーセプターその人!
スタイルが良いので素立ちでも十分カッコイイ!
 

顔周りのアップ。
胸のクリアパーツが良いアクセントになっています。
結構ディテールが細かく、こだわりポイントですねー。
胸のパーツは良いのですが、頭のクリアランスが結構ギリギリで、頭部後ろのパーツと少し干渉してしまいます。
また頭部を接続する青色のパーツが取れやすく、ヘッドを取り外そうとするとかなりの確率で一緒に吹き飛びます。
 

シンプルに人間らしい造形ということもあって、可動はしっかりこなします。
左肩の砲塔は仰角を付けられるので細かい表情付けにも役立ちます。
 

付属武器は狙撃ライフル
これはIDW版アメコミでの設定に準じています。
その狙撃シーンは翻訳されている「オール・ヘイル・メガトロン」で見ることが出来ます。
またこの武器はウエポンビークルになっているので、ヘッドマスターを搭載させることが可能です。
 

さらにミニビークルを手持ち武器として持たせることが出来ます。
この状態だとミサイルランチャーですかね?
マイクロン伝説のエマージェンシーマイクロンにこんなミサイルランチャーに変形するマイクロンがいたのを思い出しました。
 

 
『トランスフォーマー レジェンズ』シリーズより、LG-56 パーセプターでした。
デラックスクラスながら事実上のトリプルチェンジャーと非常に面白い商品になっています。
ロボットモードにそのしわ寄せがきているということもなく、デザインも良好、可動も優秀なので尚のこと素晴らしい!

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

レジェンズカテゴリの最新記事