LG-21 ハードヘッド(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー

LG-21 ハードヘッド(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー
Advertisement

LG-21 ハードヘッド

シリーズ:「トランスフォーマー レジェンズ」
発売日:2016/07/23
メーカー希望小売価格(税抜き):3200円

今回は「レジェンズ」から、ハードヘッドをレビュー。
ハードヘッドはアニメ『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』に登場したサイバトロン・ヘッドマスターズ戦士の一人。
ヘッドマスター戦士の大きな特徴であるヘッドオンギミックを完全再現し、同一規格の他の戦士とクロスヘッドオンを楽しむことが出来ます。
また本品にはパートナードローンと呼ばれるミニビークルが付属し、ヘッドマスターを乗せて楽しむことや、武器形態にしてロボットモード時に手に持たせることなどが出来ます。
「レジェンズ」シリーズはこの商品から海外版「Titans Return」シリーズの国内導入が開始され、様々なヘッドマスター戦士が発売されていくことになりました。

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

 

ビークルモード
SF戦車に変形!
車高がかなり低く、独特の緑色を基調としたボディペイントで仕上がっています。
 

砲塔部分は可動するようになっており、戦車らしい表情付けが可能となっています。
上下だけでなく、左右にも動きを付けることが出来ます。
 

砲塔横のオレンジ色のブロックは開閉式になっており、中にヘッドマスターを搭乗させることができます。
 

ヘッドマスター
ロボット時の頭部に変形し、ビークルとヘッドオンすることでロボットモードが完成します。
頭部の造形は海外版から変更されており、よりアニメ劇中の姿に近づくようデザインされています。
小さいながら塗装がしっかりと塗り分けられていて、見てるだけでも結構楽しめます。
 

パートナードローン・タンケッテ
ジェット機モードとタンクモードに変形し、それぞれの状態でヘッドマスターを搭乗させることが出来ます。
またロボットモード時の武器モードへも変形することが可能です。
タンクモード時の砲塔は上下に可動し、表情付けが出来ます。
 

Advertisement

 

ロボットモード
デザインはヒロイックで、また当時アニメのイメージを強く踏襲しており、とてもカッコイイ仕上がりに。
変形は難易度低めで、気軽に手に取って変形を楽しめるかと思います。
 

顔周りのアップ。
首周辺に障害物はないので、左右に自由に動かせます。
 

可動は優秀です。
手足共に自由に動かしてポージングを決めることが出来ると思います。
また変形と関係なしに、手首が回転する機構が備わっており、当時の商品にしては珍しい作りです。
 

付属武器は銃。
手の5mmジョイントを使って持たせることが出来ます。
 

さらに肩の砲台は取り外しが可能で、これも手に持たせることが出来ます。
かなり長い大砲なので取り回しには多少苦労するかもしれません。
 

砲塔は後部が開くようになっており、中にヘッドマスターを搭乗させることが出来ます。
ビークルモードでもこのギミックは活きています。
 

パートナードローン・タンケッテは武器モードにも変形します。
これで付属武器と合わせて両手に銃を持たせることが可能です。
可動の充実とも相まって、多様なポージングを決めることが出来ます。
 

 
「トランスフォーマー レジェンズ」シリーズより、LG-21 ハードヘッドでした。
レジェンズシリーズに本格導入された、海外版「titans Return」由来のヘッドマスター戦士の第一弾です。
さらに『ザ☆ヘッドマスターズ』に登場したサイバトロンヘッドマスターズが、このハードヘッドを皮切りに、次々にレジェンズシリーズで発売されました。
従来通りのビークルからロボットへの変形、可動を活かしたポージングなどに加えて、ヘッドマスターギミックやミニビークルとの組み合わせなど、遊びの幅がさらなる広がりを見せています。
ハードヘッド単体で見ても可動やギミック共に充実した出来ですが、他のヘッドマスター戦士と絡めて遊ぶと、より面白みが増しそうです。

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品レビューへ

レジェンズカテゴリの最新記事