「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

LG-11 クロミア(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー

LG-11 クロミア(トランスフォーマー レジェンズ):レビュー
Advertisement

LG-11 クロミア

シリーズ:『トランスフォーマー レジェンズ』
発売日:2015/02/14
メーカー希望小売価格(税抜き):2800円

今回は「レジェンズ」からクロミアをレビュー。
トランスフォーマー世界のウーマン戦士としては、アーシー同様有名キャラなクロミア。
G1ライクな商品はこれまで発売されてきませんでしたが、遂にレジェンズで発売されました。
新規造形ではなく、プライム版アーシーのリデコですが、元玩具を思わせない見事な造形に仕上がっています。

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品へ

 

パッケージ。
同時発売のアーシーやウインドブレードと同サイズの箱型で統一感があります。
 

 

ビークルモード
フューチャリスティックバイクに変形!
リデコ元はリアルバイクだったのでかなり大幅な改修が入っています。
G1アニメでは四輪のフューチャーカーに変形していましたが、バイクモチーフなのは、IDW版アメコミのデザインの踏襲ですね。
 

前輪は左右に動くので、コロ走行ではカーブを描くことが可能。
 

側面には付属の銃を接続することが出来ます。
位置的にマフラーに見立てられなくもないですかね。
 

Advertisement

 

ロボットモード
背負い物もありますが、全体的にはシュッとした女性的なボディデザインでまとまっています。
変形は畳まれたボディを引き延ばすのがメインの工程ですが、途中にオートモーフがあったり意外と凝ったものになっています。
 

顔周りのアップ。
首は左右だけでなく、下方向にも向けるので豊かな表情付けが出来ます。
 

最近のトランスフォーマーには珍しく、手首に可動があります。
腕の可動は背中のパーツと干渉することがありますが、しっかりと逃がしてあげれば十分な可動域が確保できますね。
個人的には腰の可動がないのが残念ですが、変形工程を考えると難しいので、まぁ仕方ないかなと。
 

武器の銃を持たせたポージングには、手首の可動がかなり活きます。
 

 
『トランスフォーマー レジェンズ』シリーズより、LG-11 クロミアでした。
リデコを悟らせないような見事な改修ぶりで、IDW版、G1版クロミアのイメージが上手く玩具に落とし込まれています。
この頃からですかね、リデコと一口に言ってもそれが分からないほどに手が加えられるようになったのは。
特に女性型は開発も難しいでしょうから、こうした上手いリデコでこれからも数が増えていくと嬉しいです。

他の「トランスフォーマー レジェンズ」商品へ

レジェンズカテゴリの最新記事