「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、2019年中完了予定】

TG-21 オートボットスプリンガー(トランスフォーマー ジェネレーションズ):レビュー

TG-21 オートボットスプリンガー(トランスフォーマー ジェネレーションズ):レビュー
Advertisement

TG-21 オートボットスプリンガー

シリーズ:『トランスフォーマー ジェネレーションズ』
発売日:2013/08/31
メーカー希望小売価格(税抜き):5200円

今回は「ジェネレーションズ」シリーズからスプリンガーをレビュー。
和名はスプラングで、「トランスフォーマー ザ・ムービー」から登場したサイバトロン初のトリプルチェンジャー。
コンセプトはそのままですが、デザインがビークル、ロボット両モード共に現代風のスタイリッシュな姿に見事生まれ変わっています。
トリプルチェンジャーは変形によるデザインの制約が厳しいのが常ですが、どのモードで見ても非常にカッコ良く、破綻のない、まさに傑作品!

他の「トランスフォーマー ジェネレーションズ」商品レビューへ

 

第一のビークルモード
装甲車に変形!
一応“armored car”ということですが、スラっとした車体のデザインからスポーツカーにも見えます。
「レジェンズ」シリーズのロードバスターのような、装甲車特有のゴツゴツした印象は感じさせないスタイリッシュなデザインでまとまっています。
G1の頃はもっと奇抜な、いわゆるフューチャーデザインをしていましたが、今回のリメイクでは現実的なデザインに寄せられています。
 

付属武器の銃は車体天面に接続しておけます。
銃のグリップには可動軸があるので、ビークルに接続した状態でも銃口の向きを上下左右に動かす表情付けが可能です。
 

もう一つの付属武器である剣は、ビークル底面に収めることが出来ます。
ヘリコプターモードにおける後ろのランディングギアになるパーツに接続する形で収納されます。
 

2010のサイバトロン勢とビークルで!
特にここ数年は2010キャラのリメイクがかなり熱い!!
こういった形でディスプレイを楽しめるとは良い時代になったものだ…。
 

スプラングといえばアーシーということで、二人で並走。
サイズもイイ感じで絵になるなぁ~。
 

 

第二のビークルモード
ヘリコプターに変形!
カーモードも存在するとは思えないほどしっかりとしたヘリ形態です!
メインローターは付属武器の剣を展開することで再現されています。
 

ランディングギアは三点。
どれも展開式となっています。
 

銃武器はフロント底面に接続して装備可能です。
接続の仕方が結構特殊で、銃上部のパーツをフロント底面に引っ掛けるような形になっています。
 

Advertisement

 

ロボットモード
スタイリッシュofスタイリッシュ!!
G1スプラングはもっとずんぐりというか、四角いロボットデザインでしたが、かなりスマートにリメイクされています。
これはIDW版のアメコミにおける姿をイメージした造形になっているためで、主役キャラといわれても全然違和感のない格好良さを秘めています!
 

顔周りのアップ。
だーいぶイケメンフェイス!
これはモテますわ。ちがいない。
また首はかなり角度を付けられるので、ポージングに合わせたニュアンスをしっかりと表現できます。
 

ただでさえ優秀な可動域に加えて脚が非常にスラっとしているので、ポージングの幅はより広い印象。
腰は回転しますが、背面パーツとの干渉があるので、少しニュアンスを付けられるといった塩梅。まぁ十分ですよ。
 

G1玩具でもメインローターが剣になっていましたが、よりスマートになったボディにこの剣がかなりマッチしています。
ボイジャークラスに相応しい刀身の長さも相まって、有無を言わせない格好良さが漂います。
写真は(撮り忘れて)載せてませんが、背面のジョイントを使って背負わせることも可能です。
 

銃も大きさがあって良いですね。
成形色単色、肉抜きといった残念ポイントもなくて素晴らしい!
二連装になっており、上部の灰色のパーツを押し込むとその力でミサイルが発射されるギミックも付いています。
剣と併せて両手に武器を持たせたポージングが非常に楽しいです。
 

ヘッドマスターやらターゲットマスターやらが混在していますが、
2010のメインキャラが一堂に会するのは迫力があります。
というかスプリンガーずば抜けてカッコイイ…ホットロディマスを食っちゃってるよ…。
 

レジェンズ版アーシーとロボットモードで。
ちょっとスプリンガーがサイズ的に大きいですが、リメイクでこの二人が揃うのは良きこと良きこと。
 

 
『トランスフォーマー ジェネレーションズ』シリーズより、TG-21 オートボットスプリンガーでした。
「レジェンズ」の前身としてG1リメイクを掲げた「ジェネレーションズ」で発売された本商品。
個人的には「ジェネレーションズ」の中でもかなりのお気に入りで、変形、可動、デザイン、どれをとってみても高得点です!
特にデザインは、単純なG1リメイクではなく、現代の潮流に乗るヒーロー然とした格好良さを感じさせながらもしっかりとG1スプラングを想起させる見事な出来だと思います。

「レジェンズ」でもアニメ版のカラーリングを意識してリカラーを施した「LG-19 スプラング」として再販されており、今この型を手に入れようとすればそちらが早いかもしれません。

他の「トランスフォーマー ジェネレーションズ」商品レビューへ

ジェネレーションズカテゴリの最新記事