TAV-38 サンダーフーフ(トランスフォーマー アドベンチャー):レビュー

TAV-38 サンダーフーフ(トランスフォーマー アドベンチャー):レビュー
Advertisement

TAV-38 サンダーフーフ

シリーズ:「トランスフォーマー アドベンチャー」
発売日:2016/03/19
メーカー希望小売価格(税抜き):2500円

今回は「アドベンチャー」から、サンダーフーフをレビュー。
サンダーフーフはアニメ『アドベンチャー』に登場したディセプティコンの兵士。
劇中では妖怪“シカピョン”という愛らしい名前で呼ばれることもありますが、サイバトロン星のマフィアのボスだったりとしっかり悪役しているキャラクターです。

他の「トランスフォーマー アドベンチャー」商品レビューへ

 

ビークルモード
青い耕耘用トラクターに変形!
他のウォリアークラスと比べると小さくまとまっている印象です。
アドベンチャーのトゥーン調のデザインを上手く反映していますね。
 

クローは上下に動きます。
 

付属武器の銃は車体底面に接続することが出来ます。
下からだと顔が丸出しですね。
 

Advertisement

 

ロボットモード
コンパクトな車体から一気に伸長する変形が面白いです。
ただ変形の途中で、塗装されている部分にかませる形で接続するジョイントがあるので、塗装禿げが怖いですね。
ロボットのデザインは鹿の角の様な造形が特徴的です。また両足も蹄の様な造形をしています。
全体的にアニメのプロポーションを上手く再現しているのですが、背中が少しスカスカな感じなのが残念!
 

顔周りのアップ。
大きな角のある顔と両肩の大きなタイヤとの干渉が気になりましたが、実際触ってみると上手く逃がしてやればそこそこ動きます。
 

見た目よりはしっかりと全体が可動する印象です。
脚が面白いところで曲がるのがキモになっており、独特な脚回りの可動を見せてくれます。
 

付属武器の銃は独特な細かい造形をしています。
 

銃は背面のジョイントに接続することが出来ます。
 

 
「トランスフォーマー アドベンチャー」シリーズより、TAV-38 サンダーフーフでした。
サンダーフーフは他に簡易変形のものも発売されていますが、ウォリアークラスとして変形と可動をしっかり備えた商品が出てくれたことがまず嬉しかったですね。
変形のステップ数は少ないのですが、一手一手が大胆で面白く、ビークルとロボットで大分イメージの違う形態を実現しています。
ロボットモードは鹿のイメージを含んでおり、これまでのトランスフォーマーにない珍しいシルエットとなっています。
サンダーフーフに限らずアドベンチャーのディセップ勢は動物のモチーフを取り込んでいるおかげで、これまでにないデザインや変形をこなすのでとても面白いです。

他の「トランスフォーマー アドベンチャー」商品レビューへ

アドベンチャーカテゴリの最新記事