「Transformers Qualia」から移行作業継続中【トランスフォーマーレビュー記事等、本年度中完了予定】

映画『GODZILLA ゴジラ』海を越えて蘇る怪獣王!:感想

映画『GODZILLA ゴジラ』海を越えて蘇る怪獣王!:感想
Advertisement


『GODZILLA ゴジラ』(2014年07月25日公開)

原題:Godzilla
監督:ギャレス・エドワーズ
ジャンル:SF、パニック

“あの咆哮と共に帰ってきた。
怪獣王の復活と深化。”

総合評価:★★★★☆

イントロダクション

1999年、芹沢博士は、フィリピンの鉱山で巨大生物の化石と、繭のような物体を発見する。
だが、物体の一つは既に抜け出し、海へ向かった痕跡が残っていた。
同年、日本の発電所に勤めるジョーは、謎の地震による事故で妻を失ってしまう。
そして現在。未だ事故の真相を追う父のために来日した息子・フォードは、怪獣に遭遇する。

予告編

Advertisement
以降ネタバレ注意!!!

 

 

 

怪獣王の帰還

2014年に『ゴジラ FINAL WARS』を観た時、「次にゴジラがスクリーンに帰ってくるとしたらそれはフルCGになってなのだろうなぁ」と漠然とした感想を抱きました。
しかし日本映画のCG技術が、ゴジラのあの迫力と重量感を演出出来るレベルには中々達することがなく、
「これはきっと逆立ちしても日本じゃ無理なんだろうな」と半ば諦めかけていた最中、海を越えてこの嬉しい映画の情報が舞い込んできたのでした。

さて、アメリカ産ゴジラといえば1999年の“マグロばっか食ってるやつ”の悪夢が過るわけですが、本作のゴジラにそんな心配は全く必要ありません。
ハリウッドらしいスケール感に合わせた巨体や、米軍の攻撃をものともしない強靭性を備えており、日本のゴジラへの制作陣のリスペクトを感じることが出来ます。
(個人的には1999年版ゴジラも嫌いじゃないんですけどね。)

怪獣の存在する世界を生きる人間たち

実写トランスフォーマーでも良く言われることですが、どうしてもこういう映画は「人間パート」に多くの尺を割かれてしまうのが常で、
本作においても、主人公フォード大尉を中心にしてその家族のドラマが色濃く描かれています。
内容自体は流石にしっかりしているのですが、少し冷めた目で見てしまうとテンプレ通りというか、意外性に欠けた展開なのでそこは少し残念。
これならもう少し怪獣パートに尺を割いて欲しいと思われても仕方ないかもしれません。

あ、そうそう、人間の話といえば、初代『ゴジラ』に登場した芹沢博士をオマージュした芹沢猪四郎という科学者を渡辺謙が演じています。
こういったオマージュキャラを、それも日本人キャストで登場させてくれるのもリスペクトを感じますが、それでもまぁ、特に言及することはない…かな。
後述しますが、本作で怪獣に対して人間が出来たことなんてほとんど無いですからね。彼も偉容を誇る怪獣たちにただ翻弄されるばかりでした。

GODZILLAに受け継がれた平成ガメラの意志

本作のゴジラはただの怪獣というだけでなく“調和をもたらす存在”として描かれていたのも非常に特徴的で、それと同時に驚きでもありました。

それって平成ガメラじゃん!!

安直ですけど、平成ガメラに魅せられた人間としてはどうしてもその姿を重ねてしまうのも無理からぬこと。

自然災害レベルの脅威である怪獣ムートーの出現に呼応して目覚め、それを排除することで地球に平穏をもたらす、それこそが本作のゴジラの目的なのでした。
ここまでスケールが大きくなると人間が蚊帳の外になるのも仕方のないことで、劇中ゴジラに対してもムートーに対しても米軍は悲しいほどに無力でした。
唯一、ムートーの卵を全滅させることに成功したことくらいですかね。

そう思うとここまで無力な米軍を描くのもハリウッド映画にしては非常に珍しい。
エイリアンだろうと何だろういつだって最後には打ち勝ってきた米軍ですが、本作では珍しく無力なのです。核兵器だって意味を持ちません。
これも制作陣がゴジラとはモンスターではなく、もっと絶対的な存在であると理解していた結果なのでしょう!ああ拍手喝采を送りたい!

モンスター・ユニバースの産声

本作はアメリカのレジェンダリー・エンターテインメントと東宝とが提携し、世界観を共有して送る怪獣映画をまとめたユニバース作品の第一作に当たります。
マーベル然りDC然り、本当にこのユニバース化は昨今の流行りですねぇ。ただしユニバース化によってゴジラ映画が続々制作されるとなればありがたいことです。

ちなみに第一作が本作『GODZILLA ゴジラ』で、
二作目が2017年公開の『キングコング:髑髏島の巨神』

そして三作目が、

『Godzilla:King of the Monsters』

こちらは2019年5月31日に全米公開を予定しており、なんとゴジラだけでなくモスラ、ラドン、キングギドラといった怪獣の登場が決定しています!!
ちなみに予告編はこちら↓↓

さらにシリーズ四作目として、『Godzilla vs. Kong』が2020年公開を予定しています。
こちらはゴジラとキングコングの対決が描かれる映画になるようですね。

映画関連カテゴリの最新記事